銀座・有楽町エリアで圧倒的なセンスと技術力。『持つ』まつげエクステ・眉毛エクステ専門店【eye:D(アイディー)銀座】

気を付けたい!目を小さくするNG日常習慣とは?!

赤ちゃんのように大きく、くるりとした目に憧れますよね。そんな時代があったのかと思うと、少し悲しくもなります。。。年齢とともに気になる「目の大きさの変化」。特に、20代後半~気になる方が多いようです。「目が小さくなっているかも?!」その原因は、何気ない生活習慣にあるのかも知れません。今から直したい・気を付けたい、NG習慣を見ていきましょう。

ブルーライトに当たり過ぎている

PCやスマホの画面からは、網膜まで届く「ブルーライト」が発せられていて、疲労目の原因となります。目の周りの筋肉が凝り固まり、血行不良→むくみ・たるみへと発展し、目元がぼやけた印象になってしまいます。ブルーライトを遮断する眼鏡やシートを使用する・出来る限りPC、スマホを使用しないようにするなどの工夫を取り入れていきたいですね。

目の周りの乾燥をそのままにしている

目の周りの乾燥をそのままにしている
目の周りの皮膚は卵の内側の皮くらいの厚さにしかなりません。そのため、デリケートでとても乾燥しやすくなっています。目の周りの乾燥を放置する事で、水分不足→弾力不足からシワやたるみへと発展してしまいます。可能であればアイクリームを使用して、目元を乾燥から守りましょう。

「おでこ」の凝りを放置している

おでこの凝りなど全く関係ないように思えますよね。しかし要注意です。緊張したりすると、自然と眉間にしわができるなんて事はありませんか?実は、顔のパーツの中でももっとも凝り易い箇所と言われています。

おでこが凝り血行不良となると老廃物が溜まりやすくなり、お顔全体のむくみ(勿論、目元も例外ではありません。)の原因となります。目元がむくめばまぶたが重さで下がってしまい、結果的に目を小さく見せてしまいます。コリ解消に効果的、気が付いた時にできる簡単マッサージは以下となります!

1.両手を握って掌を作り、親指の付け根の部で円を描くようにおでこを揉みほぐす。
2.親指意外の4本の指でおでこ中央から両手を左右に引き分けるようにして、老廃物をこめかみ→フェイスラインに沿って鎖骨まで流す。

「肩こり」を翌日に持ち越してしまう

肩こりのない状態では頭の後ろ~背中にかけての筋肉と皮膚で頭皮をグイッと引っ張っているのですが、肩こり状態では筋肉が硬直し、上手く頭皮を引っ張れなくなってしまっています。結果的にどんどんお顔の皮膚や脂肪が下がり、目元がたるんできます。

適宜、背筋を伸ばしたり、ストレッチをするなどして、少しでも肩こり解消に努めたいですね。以下の様な方法が簡単で、お手軽に実践できますよ。

肩の上げ下げ運動

1.腰に手を当てて背中にある肩甲骨に意識を集中させ、肩を耳の高さに引き上げます。この時ゆっくり息を吸います。
2.息を吐きつつ元の位置にもどします。

バンザイ運動

1.両手を万歳するようにしてあげます。指・手首・肘はピンと伸ばさず、軽く力が入る程度でOKです。
2.そのまま両肩(肩甲骨)をまっすぐ天井に引き上げます。
3.両腕を耳に近づけます。この時にもあまり力が入らない様にしましょう。
4.ゆっくりと元の位置に戻します。

クセで目をこすってしまう

花粉症で目がかゆい時、眠い時など、目をこする癖のある方は少し注意しましょう。刺激を与えてしまうと、お肌は自分を守ろうと、皮膚を厚くします。さらに皮膚が伸びてしまい、目元がたるみやすくなってしまうんです。メイク落としの際にも注意したいところです。ゴシゴシとこすってしまうと、それもまた、目元たるみの原因となってしまいます。

むくみ体質を放置してしまう

「まぶたのむくみ」と言われても、いまいちピンと来ませんよね。ということで、いきなりですが、「目元がむくみやすい?!危険度チェック」をしてみましょう。

・運動不足
・寝不足
・夜寝る前にアルコールを飲む習慣がある
・就寝前に食事をすることがある
・どちらかと言うと、濃い味の食べ物が好き
・外食が多い
・トイレに行く回数は少ない方だ
・最近、体がだるい

上記の項目に当てはまる程、体がむくみやすい状態となっています。その原因と対策はこちら!

運動不足・寝不足・アルコール習慣・就寝前の食べ物・体のだるさ

代謝を下げてしまい、むくみが生じやすくなります。出来る範囲から、生活習慣を見直していきましょう!
濃い味の食べ物・外食→塩分・糖分が多くなりやすく、体が水分をため込みやすなります。
お付き合いなどもあるかと思いますので、そんな時には
・サラダから食べる
・炭水化物を頼むならデザートは頼まない
・小皿注文をして食べ過ぎを防ぐ
などの予防策を立てたいですね。

トイレに行く回数が少ない

体内の余分な水分や塩分が上手に排出できていないようです。
緑茶など利尿作用のある飲み物、カリウムを含む食べ物で、体内の塩分や水分を上手に排出していきましょう。

目元のむくみ解消に役立つマッサージは別記事『憂鬱な朝メイクは卒業!まぶたの腫れ・浮腫みの原因と対処法』などでも紹介していますので、ぜひ、参考にしてみて下さいね。

最後にeye:Dアイディー銀座より

思い当たるNG習慣のあった方。ちょっとした意識の変化で永遠の可愛い目元を目指してみませんか?あらゆる手を尽くしても目元のむくみが取れない場合、もしかすると腎臓障害など他の重大な病気が隠れている可能性もあります。数日に渡って続くようでしたら、一度医師に診てもらうと安心です。

アイディー銀座ではお客様1人1人に寄り添った【お客様だけのまつ毛・眉毛エクステ、サービス】を心掛けております。目元のお悩みは千差万別なはずです。まつ毛、眉毛エクステに関する質問・疑問意外でも、どんどんお気軽にスタッフにご相談くださいね。全力で、サポートいたします!

この記事が気に入ったら
アイディー銀座にいいね!しよう

まつエクの最新情報をお届けします

Twitterでeye:D 銀座まつエクをフォローしよう!

関連記事

  1. いち早く抑えたい!2016 秋・冬のトレンドアイメイク
  2. レーシック体験者のアイリストが教えます!レーシックとまつエクに関…
  3. まつエクと併用するのも人気!「付けまつ毛」の種類&選び方
  4. 大切なまつ毛を傷めないために…ビューラーの選び方&使い方
  5. 目元年齢肌の予防に!お勧めのサプリメントは一体何?
  6. 妊婦さん、新米ママさんのお悩み…まつ毛が抜けて目元が寂しい!一体…
  7. 下まつエクでデカ目が目指せる!嬉しい効果とおススメデザイン
  8. 憂鬱な朝メイクは卒業!まぶたの腫れ・浮腫みの原因と対処法

アーカイブ

PAGE TOP