銀座・有楽町エリアで圧倒的なセンスと技術力。『持つ』まつげエクステ・眉毛エクステ専門店【eye:D(アイディー)銀座】

アイリストが教える!セルフまつ毛パーマの魅力&問題点

お手頃価格で手に入る、セルフまつ毛パーマのキットが続々と登場しています。薬剤を使用するだけあって、危険かもとは思うものの「周りがやっているから、私も大丈夫」なんて思ってはいないでしょうか?

セルフまつ毛パーマには魅力もありますが、チリチリになったり、まつ毛が折れたり、眼を傷つけてしまうこともあります。本記事では、セルフまつ毛パーマの魅力と、危険と言われる理由を見ていきましょう。

1回300円!危険と知っていてもリピーターが多い、セルフまつ毛パーマの魅力

危険とはしっていても、リピートする方が多い1番の理由は、コスパの良さでしょう。とあるメーカーのセルフまつエクキットのお値段は3,000円ちょっと。このお値段で10回分です。サロンでの施術だと1回につき5,000~8,000円にもなります。

さらに、時間のロスがないのも魅力の1つです。例えば、サロンで施術を受けるとなると、スケジュールを合わせて、予約を入れて、サロンに足を運ぶetcなど、正直面倒です。セルフであれば自分の好きな時間に実践できるので、「忙しいけど美容に手を抜きたくない」という女性にこそ選ばれています。

気を付けたい!セルフまつ毛パーマの失敗例

気を付けたい!セルフまつ毛パーマの失敗例
上手くできると、扇状のゴージャスなカールが手に入るまつ毛パーマ。でも実際には、成功よりも失敗する方の方が多いようです。例えば、こんな失敗例が多いです。

まつ毛がチリチリになって、マスカラをつけてもヒジキ状態に…

→毛先にパーマ液を付け過ぎた、長時間放置し過ぎたなどが原因として考えられます。パーマ液の強さによって、根元、毛先と量や付け方を調整したいところです。

束間があって、毛がよれる。なんだか寝癖みたい…

→ロットに巻き付ける際に、まつ毛が真っすぐでない。痛んだまつ毛を巻き付けているなどの原因が考えられます。

まつ毛が折れ曲がる・毛先がカールしない

→ロットよりもまつ毛が長く、毛先がパーマ中に遊んでしまったことが原因です。

カールしすぎで、まぶたにまつ毛が刺さる

→使用するパーマ液の強さを間違えている、毛先につけるパーマ液の量が適切でなかったなどが原因として考えられます。

カールが全然かからない

マスカラやメイク、皮脂汚れが残っていると、カールがかかりにくい事があります。

一度パーマをかけると、1か月~1か月半はカールが持続します。例に挙げたような失敗をしてしまうと、非常に憂鬱ですよね。Youtubeなどの動画や、解説記事をみるととても簡単そうに思えますが、実際にはパーマ液が目に入らないようにするだけで精一杯。

初心者であれば、とてもまつ毛1本1本を丁寧に巻き付けるのは難しいです。セルフまつ毛パーマは器用さに自信のある方でないと、難しいかと思います。

セルフまつ毛パーマをおすすめしない理由…知っておきたい危険性

まつ毛がチリチリになるなどの失敗の危険性だけではありません。もっと深刻な事態に発展してしまう可能性も…?!

セルフまつ毛パーマの危険性1:まつ毛が抜け落ちる
まつ毛パーマで失敗し、まつ毛が極度に痛んでしまうと、洗顔時や少し目元を触っただけでまつ毛が落ちる「脱毛症」に発展する可能性があります。部分的にすき間だらけの目元になってしまうかも知れません。

セルフまつ毛パーマの危険性2:パーマ液が目に入って角膜を傷つけてしまう
まつ毛専用パーマ液として販売されていますが、有効成分は頭皮用のパーマ液とあまり変わらないという報告もあり、目に入るととても危険です。中には、輸入されたまつ毛パーマ液もあり、英語と日本語間で成分表示の内容が違うというものまで見つかっています。目元ぱっちり、美しくなるはずが・・・
セルフまつ毛パーマでは、「根元から1mm離してパーマ液をつけること」と説明されていますが、実際に、片目だけを使ってこうした細かい作業を行うのは至難の業です。涙目になりがちな方は特に涙と薬剤が施術中に混ざりやすく、とても危険です。パーマ液が目に入ってしまった場合、角膜が剥がれるなどの事態に発展するケースもあります。

まつ毛パーマじゃなくて、まつ毛エクステでカールを叶える方法もおススメです

まつ毛パーマをサロンで施術してもらった場合でも、沢山の失敗例が報告されています。一度失敗してしまうと、その状態をまつ毛が生え変わる2~3か月は我慢する必要があります。

だからこそ、サロンで施術してもらうにしても、セルフで行うにしても、まつ毛パーマは慎重に検討した方が良いかも知れませんね。

「まつ毛パーマは少し不安…」。そんな方は、まつ毛エクステを検討してみて下さい。技術のあるサロンであれば、地まつげをカールさせつつ、エクステで長さやボリュームを出すことができます。

パーマの場合、まつ毛へのダメージを考えるとやり直しは避けたいですが、まつエクであれば、デザイン変更などの融通が利きやすいため、万が一のケースでも安心でしょう。

最後にアイディー銀座より

お手頃で大人気のセルフまつ毛パーマですが、失敗例も多くとても危険です。やはり、お金は倍以上かかりますが、確実な仕上がりが約束された、しっかりとした技術のあるサロンに施術を任せるのが一番かも知れませんね。

まつ毛パーマが怖い…という時には、まつ毛エクステを検討してみるのも手です。長持ちしないカールを何とかしたい、カールだけでなく、目元のボリュームも欲しいなどのご希望・お悩みがありましたら、ぜひお気軽に当店にお問合せくださいませ。きつとお役に立てることかと思います。

アイディー銀座ネットショッピング  

この記事が気に入ったら
アイディー銀座にいいね!しよう

まつエクの最新情報をお届けします

Twitterでeye:D 銀座まつエクをフォローしよう!

関連記事

  1. カールによって印象が変わる!?ピッタリなマツエクカールを選ぼう
  2. まつげの毛周期を理解してまつエクを長期間キープ!
  3. 5年後、10年後が変わる!若々しい目元をキープ!習慣にしたい正し…
  4. 時短メイクに見えない!簡単・本格アイメイクの裏技をご紹介します
  5. もう悩まない!知らないと損するパンダ目の予防&対処方法
  6. 妊婦さん、新米ママさんのお悩み…まつ毛が抜けて目元が寂しい!一体…
  7. たまには、まつエクで自分時間!ママにまつエクが人気な理由とは?
  8. こんな方法もアリ?!知ってお得!まつエク、コーティング剤の使い方…
PAGE TOP