銀座・有楽町エリアで圧倒的なセンスと技術力。『持つ』まつげエクステ・眉毛エクステ専門店【eye:D(アイディー)銀座】

間違えると危険かも!眉毛のお手入れは抜く・そる?どっちが正しいの?!

眉毛のお手入れでは、「剃る」よりも「抜く」方がメジャーなようです。ですが、ご注意下さい!間違った方法で眉毛を抜いていると、かえって美しさを損ねてしまう可能性があるんです。

それではせっかくのお手入れが本末転倒ですよね。今回は、眉毛のお手入れでは、抜くVS剃るどっちが良いのか、どのようなお手入れ方法がお勧めなのか、徹底的にみていくことにしましょう。

眉毛を抜くことのメリット

眉毛の痕跡が残らない

剃るとどうしても眉毛の断面が見えてしまい、剃った箇所が青く見えてしまうこともありますよね。抜くのであれば毛根から取れるので、眉毛のあった痕跡すら残りま>せん。ファンデーションなどで隠す必要もなくなるんです。

長い時間生えてこないから、お手入れが楽

毛根細胞が修復されてから眉毛が生えてくるため、一度抜くと、生えてくるまでに時間がかかります。剃るお手入れよりも、眉毛のお手入れにかける時間が少なくなるという訳です。

眉毛を抜くことのデメリット

やっぱり痛い

毛穴に埋まっている毛根細胞から引き抜くので、痛みがあります。

なかなか生えてこなくなることもある

なんども繰り返していると、毛根細胞のダメージが蓄積し、なかなか生えてこなくなることもあります。

ニキビなど、お肌トラブルとなり易い

眉毛を抜いた際に、開いた毛穴から細菌が侵入して、ニキビなどの炎症を起こす可能性があります。

目元のたるみに繋がる可能性

瞼の皮膚は非常に薄いです。そのため、皮膚を引っ張るようにして眉毛を抜くと、皮膚が伸び、たるみの原因になるとされています。

黒いポツポツ・・埋もれ毛になる可能性

眉毛が強い力で抜かれ、お肌がダメージを負うと、体が「怪我をした」と判断。皮膚をかさぶたのように堅い状態にして、お肌を守ろうとします。結果、次に映えてくる毛ががなかなか表面に出てこれなくなってしまうんです。このような状態になったら、気長にお肌が正常な状態に戻るまで待つしかありません。

眉毛を剃るメリット・デメリット

眉毛を剃るメリット・デメリット
眉毛を抜くとなると慎重になりますが、剃るのであれば朝でも短時間で簡単に出来てしまいます。デメリットとしては、やはり剃り跡が分かりやすいい、またすぐに伸びてくるなどが挙げられるでしょう。「手が滑って、そり過ぎてしまう」という事態が生じやすのもデメリットの1つかも知れませんね。

お勧めのお手入れ方法は、抜く×剃る×切るの組み合わせ式

実は、「眉毛が抜くようになってから、なかなか生えてこない」と眉毛エクステをご検討されるお客様も多いです。一度抜いてしまうと生えてくるまでに時間がかかってしまこと、更に目元のたるみに繋がる可能性も考えて、抜く眉毛は、眉毛の基本形に影響しない、生えてこなくて良い場所だけとし、皮膚を引っ張る可能のある箇所では手を加えない様にしてみましょう。

ボリュームを抑えたり、形を整える時にはハサミだけでも十分にお手入れ可能です。別記事でもハサミを使った眉毛の整え方をご紹介していますので、是非、参考にしてみて下さいね。基本はハサミ、産毛は剃る、抜くのは本当に要らない箇所だけ。にすると安全・安心です。

抑えたい、正しい「眉毛の抜き方」

どうしても眉毛抜きたい箇所が出てきたら、以下のような点に注意して正しく行ってみて下しね。ここで失敗すると、たるみや、ニキビなどの原因になってしまうかもしれません。

人気が高い&定評のある毛抜きを準備する

適当なピンセットを使用しては、なかなか抜け切れず、お肌を引っ張り過ぎる原因となりかねません。資生堂の「アイブローニッパーズ 211」など、口コミなどで高評価のピンセットを用意してみましょう。失敗すると埋もれ毛や黒ずみの原因にもなるので、必ず「良品」を使用してくださいね。

タイミングはお風呂上りがお勧め

毛穴が開いていない状態で眉毛を抜くと、痛みが助長されてしまいます。お風呂上りであれば毛穴が開いた状態なので処理しやすく痛みも軽減されることでしょう。お風呂上りは清潔というのものポイントの1つです。

細菌が入り込む可能性を少しでも抑えられます。どうしても日中に整えたいならば、洗顔をするか、ウエットティッシュで部分的に清潔にしましょう。痛みを抑えるために、ホットタオルで十分に温め、毛穴を広げてから行って下さいね。

眉周りをしっかり抑えてダメージ軽減!

皮膚を無理にひっぱると、たるみや、開き毛穴の原因になります。必ず、片方の手で眉周りを抑え、皮膚の引っ張りを避けていきましょう。生えている毛の流れには逆らわずに抜くと、スッと取れやすいですよ。

処理後は、保湿を心掛ける

眉毛を抜いた箇所のお肌は、ダメージを負っています。必ずアフターケアを行い、まぶたのたるみや乾燥を防いでいきましょう。まずは開いた毛穴を閉じることから始めましょう。ここで毛な開きを放置すると、どんどん毛穴が開いていきます。

冷たい冷水を含ませたコットンや、氷(直接触れない様にタオルなどでくるむ)で眉毛を冷やしてから、化粧水で保湿をし、乳液、美容液でフタをします。可能であれば、アイマスクで保湿をしてあげても良いですね。

最後にeye:Dアイディー銀座より

眉毛の整え方としては、抜く×剃る×カットを組み合わせた方法が、もっともお肌への負担が少なく、綺麗に整える方法かと思います。抜き過ぎにはくれぐれも注意し、眉毛を抜く際には、上記の注意事項を守るようにしてみて下さいね。

「眉毛を整えるのが苦手」と言う方は、ナチュラル眉毛という選択肢もあります。「手を加えていないように見える眉毛」で、基本形にそって、長すぎる毛をたまにカットする位で出来上がってしまいます。実は、眉毛エクステでも人気のデザインなんです。

眉毛にお悩みのある方にこそ、当店の眉毛エクステをご利用頂ければ幸いです。最後は宣伝になってしまいましたが。。正しいお手入れ方法を抑えて頂き、美しい目元のキープを叶えて頂ければ幸いです。

アイディー銀座ネットショッピング  

この記事が気に入ったら
アイディー銀座にいいね!しよう

まつエクの最新情報をお届けします

Twitterでeye:D 銀座まつエクをフォローしよう!

関連記事

  1. 話題の眉毛エクステに関する記事をまとめました!
  2. 眉毛メイクが消える?1日中美眉毛をキープするとっておきの方法をご…
  3. 「輪郭にあった選び方」が大切?!輪郭別、似合う眉毛をご紹介
  4. 眉毛がない方必見!眉毛エクステはこんな方におすすめ!
  5. トップアイリスト直伝!眉毛エクステを長持ちさせる6つの方法!
  6. 小顔効果見込める?!トレンド「ナチュラル眉毛」の作り方
  7. ショック!眉毛の手入れに失敗。そんな時の応急処置&対策
  8. 眉毛エクステVSアートメイクVSタトゥーvsお化粧、お勧めはどれ…
PAGE TOP