銀座・有楽町エリアで圧倒的なセンスと技術力。『持つ』まつげエクステ・眉毛エクステ専門店【eye:D(アイディー)銀座】

セルフまつエクって本当にお得なの?メリットと危険性

「サロンに行くと高い」「自分の好きな時にまつエクが出来て便利」と、セルフまつエクなるものが登場しています。良いのか悪いのかと言いますと、「かなり危険な行為」であることは間違いありません。ネット上の良い情報・誤った情報をそのまま受け取っている方も多いやも知れません。「セルフまつエク」に関する情報を、アイリストの立場からご紹介させて頂きます。

流行中のセルフまつエクとは?

セルフ=自分で行う、まつエクです。自分で自分の地まつげにエクステを装着して行きます。美容師資格を持ったアイリストでさえ、知識を習得して、さらに技術を付けてお客様に処術出来るレベルになるまで最低数カ月のみっちり訓練を積みます。それを個人で行うのですから相当難しいと言えるでしょう。

ネット上で言われるセルフまつエクのメリットとは?

以下の様なメリットが注目されています。

セルフまつエクはコスパが良い

まつエクサロンに通えば1回で1万円前後、さらに2~4週間に1度のリペアも必要となります。それに対して、セルフまつエクであれば、1万円程で1年分ものセルフキットの購入が可能。100本以上などは難しいですが、50本位であれば自分でも出来る、コスパが良いと注目されているようです。

セルフまつエクは好きな時に好きなだけ付けられる

サロンだと、自分の望む時間帯が予約できなかったりしますよね。セルフまつエクであれば、思い立った時に出来てしまいます。また、まつエクが取れてしまった時などでも、気になる箇所に自分で装着できます。

セルフまつエクはサロンに行く手間が省ける

お家で出来ればサロンに行く必要もない=時短になる。

主に上記のようなメリットが良く言われます。確かにそうかも知れません。ですが、それがどれほどの危険性を伴った行為になるか、正しく理解している方は少ないかも知れません。以下に、具体的な危険性を見ていきましょう。

知らないと危険!セルフまつエクの危険性とは?!

知らないと危険!セルフまつエクの危険性とは?!

実は何度かセルフまつエクをされたお客様の処術をさせて頂きました。状態をチェックさせて頂きました所、まつ毛が絡まっていたり、数本取り込んでエクステが装着されていたり、まつ毛の切れが目立つ箇所、皮膚にエクステごと付いていたり、付けてはいけない成長期のまつ毛に付けてしまったのか、部分的にスカスカになっていたりと、決して健康的とは言えない状態でした。
以下にセルフまつエクの危険性を挙げてみましょう。

セルフまつエクはツイーザーが目を傷つける

ツイーザーで眼球を傷つける可能性もあります。少しでも十分危険ですが、万が一深く傷つければ失明の可能性も。

アレルギーの危険性

サロンでは、アレルギー体質のお客様、または敏感肌のお客様にはパッチテストを行って頂くケースが主です。時に、実際の装着前に、数本付けて数日~数週間様子を見て頂く場合もございます。

サロンであれば、低刺激のグルーもありますし、万が一アレルギー症状が出た場合、成分表示が万全でかつ知識もありますので、原因究明も可能です。ですがセルフの場合、そうしたリスク管理まで及ばす、接着剤(グルー)によるかぶれ(接触性皮膚炎)、かゆみ、充血が生じやすくなります。

セルフまつエクはグルーが目に入る

セルフまつエクは目を開けたまま行います。目の中に接着剤が入ってしまった場合や、痒くてこすってしまうと角膜潰瘍、結膜炎、角膜炎、感染症などの原因となりかねません。目の中に入ったグルーで目やまぶたがくっついてしまえば、要手術となります。

「目が染みる場合はソフトコンタクトを付ければ大丈夫」と言った情報もありますが、コンタクトの有無に関わらず危険です。眼球はむき出しの臓器と一緒です。目にグルーが入らないとしても、グルーの発揮成分にさらされ角膜炎、結膜炎などの眼病に繋がる可能性があります。

セルフまつエクはエクステが目に触れる

まつエクでは、エクステを地まつげ根元の1~2㎜の位置に1本1本装着して行きます。まつ毛にも癖があり、癖を抑えた装着方法になっていないなど、上手く装着できないと、エクステが目に入る事も。目の充血、結膜炎などの炎症の原因となります。

セルフまつエクは付けてはいけないまつ毛に装着してしまう

まつ毛にも髪の毛同様、生える→成長する→一旦成長が止まる→抜け落ちる→生えるという、毛周期があります。エクステ装着が可能なのは退行期に入って成長が止まり、休憩中のまつ毛です。

生まれたての地まつげに装着してしまうと、エクステの重さに耐えきれず、上手く成長できなかったり、抜け落ちる原因となります。適切でない地まつげに付けたがゆえ、スカスカになってしまうなんて事態に繋がりかねないのです。

最後にeye:Dアイディー銀座より

いかがでしたでしょうか。ネット上の良い情報をみると、思わず試したくなるセルフまつエクですが、実は危険が沢山潜んでいます。上記のような危険性から、アイリストとしてはやはり、「まつエクは、お客様の目の安全の為にもサロンでの処術」を強くお勧めしたいと思います。

まつエク処術の際には、是非、当店アイディーをご利用下さいませ。お客様1人1に合わせた「オーダーメイドまつエク」で、一層美しさ際立つ目元演出をさせて頂きます!セルフまつエクでは出来ない、また他サロンを遙かに凌ぐ技術力を是非お試し下さいませ。

この記事が気に入ったら
アイディー銀座にいいね!しよう

まつエクの最新情報をお届けします

Twitterでeye:D 銀座まつエクをフォローしよう!

関連記事

  1. まつエクサロンの値段差のなぞ…高い・安いまつエクの違いとは?
  2. 思い立ったが吉日!まぶたのたるみの原因と対処法
  3. まつ毛育毛剤でふさふさまつ毛を目指したい方必見!まつ毛育毛剤の効…
  4. 銀座トップアイリストが教える、目元のたるみを予防する5つの方法
  5. たまには、まつエクで自分時間!ママにまつエクが人気な理由とは?
  6. 妊婦でもまつエクはOK?注意点をご紹介します
  7. まつエクに似合う期限はありません!40 ・50代~まつエクが人気…
  8. アイディーだから出来ます!海外で大人気、話題の3D・4Dまつエク…

アーカイブ

PAGE TOP