銀座・有楽町エリアで圧倒的なセンスと技術力。『持つ』まつげエクステ・眉毛エクステ専門店【eye:D(アイディー)銀座】

銀座トップアイリストが教える、目元のたるみを予防する5つの方法

年齢を重ねると、だんだんと目元がたるんでくるのが気になりませんか。
目じりが少し下がってくると「少しだけタレ目になってかわいい」と思うかもしれませんが、そのたるみはそのままシワになってしまいかねません。
また、目元だけのたるみにとどまらず、顔全体や輪郭のたるみにもつながってしまいます。
歳をとれば、ある程度の皮膚の下垂は避けられません。
ですが、少しでもたるみを防止していつまでも若々しい目元でいたいですよね。
日々のちょっとしたくふうでたるみを防止することができますので、ご紹介します。

髪の毛を結ぶことで顔の皮膚を引き上げる

物理的に皮膚を引き上げる方法として、髪の毛を頭の上で結ぶ、という方法があります。
顔の皮膚は頭までつながっていますから、頭皮を引き上げることで顔の皮膚も引きあがるということです。
そのためには、髪の毛を後頭部の高い位置で結ぶことで引き上げられます。
高い位置でのポニーテールは、目元をはじめ、顔全体の皮膚が引きあがるのを感じたことがある方も多いのではないでしょうか。
できるだけそうした髪型をすることで、顔の皮膚がたるんでいくのを防ぐことができます。

帰宅したらやりたい「オールバックポニーテール」

外出するときに髪型の制限があるのが嫌だとしても部屋の中ではできるだけ高めの位置で髪の毛を結ぶようにすると良いでしょう。
おすすめは前髪まですべてひとつにしてまとめてしまう「オールバックポニーテール」スタイルです。
できればひとつに結んでしまうのが良いですが、もしそこまで前髪が長くないという場合には、コーム付きのカチューシャで前髪を上げたり、前髪だけを別にして頭の上で結んでしまうのも良いでしょう。

表情筋を鍛えるのも効果的

皮膚を支えるのは筋肉ですから、表情筋を鍛えることは皮膚の下垂を予防するために効果的です。
目元のシワを予防するなら、「前頭筋」と「眼輪筋」を鍛えるのが良いでしょう。
前頭筋とは、眉の上の方から伸びており、眉を上げるための筋肉です。衰えると額の横シワが目立つようになってしまいます。
眼輪筋は、目を開閉する筋肉で、目の周りにあります。この筋肉が衰えると目じりのシワやたるみが気になるようになってきます。

これらの筋肉が衰えを防ぐことで、目元にハリを保つことができます。
トレーニング方法は以下の通り。
・眉をあげ、目を大きく開きます
・眉毛はそのままの位置で、目を閉じます
・瞼を閉じたまま、15回ほど目を左右に動かします

「表情筋を鍛えればシワができない」というわけではありません。
あくまで、筋肉が衰えてシワができることを防ぐ

気になった瞬間に何とかしたい!ツボ押しマッサージ

まぶただけじゃない!目の下のたるみ解消

気になったときすぐにできる対処方法が「ツボ押しマッサージ」です。
やり方は以下の通り。
・眉頭の下に中指の腹を当てます
・少し押さえます
・目じりに向かって、瞼にそって指を滑らせます
・目じりの上骨を押さえます

ポイントは、目の上の肉を流すようなイメージで指を動かすことです。
そうすることで、目の上のたるみがすっきりしてきます。
ただし、あまり強く瞼をひっぱりすぎると、その力が逆にシワの原因になってしまいます。
できるだけやさしく指を滑らせるようにしてください。
毎日のケアとして行う場合には、滑りが良いように、乳液などをつけた後に行うのが良いでしょう。

まぶただけじゃない!目の下のたるみ解消

まぶたや目じりのたるみは、少しでもたるんでくるとわかりやすかったりしますが、実は目の下もたるみが出ることをご存知でしょうか。
目の下、ほうれい線と並行するようにほうれい線の上部にできるシワです。
一見すると気づきにくいかもしれませんが、こうした目の下のたるみは、できてしまうとかなり顔の印象を変えてしまいますから、できれば早めに気づき対処したいです。

目の下のたるみに効果的なマッサージは以下の通り。
・目頭に人差し指の腹を当てます
・目じりの斜め下の骨のくぼみを通り目じりまで指を滑らせます

これを5回くらい繰り返しましょう。
その他、目の下をコットンでパッティングすることも効果的だと言われています。
洗顔後、化粧水を付ける際には目の下を少し丁寧にパッティングすると良いでしょう。
ただし、やりすぎや力の入れすぎは肌への負担になりますので禁物です。
目の周りの肌は負担を受けやすいので、やさしく、丁寧にすることを心がけてください。

最後に銀座アイディーより

目元にたるみが出てくると、ぱっちりとした二重が奥二重になってしまうこともあります。日々のくふうでたるみを防ぎ、若々しい目元をキープできるように心がけたいものです。
また、そうしたたるみ対策のひと手間は、目元だけでなく顔全体を引き上げて、シワを防ぐこともできます。
シワは、できてしまうと取るのは大変です。
ですが、シワになる前でしたら、予防することでできるだけシワができるのを遅くすることができますから、ぜひ試してみてください。

この記事が気に入ったら
アイディー銀座にいいね!しよう

まつエクの最新情報をお届けします

Twitterでeye:D 銀座まつエクをフォローしよう!

関連記事

  1. マツエクのプロ直伝!まつげエクステの梅雨の湿気対策
  2. 相性の良い「カラコン×まつエク」でなりたい目元をプロデュース!
  3. アイディーだから出来ます!海外で大人気、話題の3D・4Dまつエク…
  4. まつエク最大の不安点『エクステが抜ける時、まつ毛も一緒に抜ける』…
  5. 時短メイクに見えない!簡単・本格アイメイクの裏技をご紹介します
  6. 妊婦さん、新米ママさんのお悩み…まつ毛が抜けて目元が寂しい!一体…
  7. アイリストが正直に教えます!まつエク グルーの危険性&対策方法
  8. まつエクユーザーは気を付けたい!その症状まつ毛ダニかも?まつ毛ダ…

アーカイブ

PAGE TOP