銀座・有楽町エリアで圧倒的なセンスと技術力。『持つ』まつげエクステ・眉毛エクステ専門店【eye:D(アイディー)銀座】

今すぐ実践!まつげエクステを長持ちさせるたった4つのポイント

まつげエクステに挑戦したものの、

「つけて数日は良かったけど、なんだかすぐによれてきちゃった……」
「なんども付け替えているけれど、なんだか長持ちしない……」

なんて、残念な印象を受ける方も少なくないようですね。

実際、私達まつげエクステ専門店「eye:D(アイディー)銀座」のスタッフも、新規のお客様からこういったご意見を頂くことがあります。

せっかく時間とお金をかけてエクステをしたのに、希望通りの効果が得られなかったり、エクステ自体が長持ちしなかったりすると本当にガッカリしますよね。

同じ女性として、そしてアイリストとして、こういったご意見には本当に心が痛みます。

そこで今回は、まつげエクステを長持ちさせるポイントをご紹介したいと思います。是非、参考にしてみて下さいね。

まつげエクステを行った当日の過ごし方

実は、まつげエクステの保ちに大きく関わってくるのが、エクステをした当日の過ごし方です。

この1日を慎重に過ごすことで、意外なほどまつげエクステを長持ちさせることができるんですよ。

1.洗顔を控える

まつエクでは、エクステをグルーと呼ばれる接着剤で着けていきます。
このグルーは、完全に乾くとしっかりとエクステを固定してくれるのですが、生乾きのままだと不安定な状態となっています。

そのため、グルーが完全に乾くまでは触ったり洗顔したりするのを極力控えて下さい。

グルーが乾くまでに必要な時間は4~5時間、まつげとエクステが完全に安定するまでには丸1日かかります。

そのため洗顔は最低でも5時間控え、できるだけ当日は湿度が高い場所で過ごすのを避けることをおすすめします。

また、できればエクステした当日はお風呂やシャワーも控えていただければと思います。

エクステ当日、洗顔やお風呂、シャワーを我慢するのは辛いことだと思いますが、その後のまつエクの保ちを考えれば、その価値はあると思います。

2.目元をこすったり摩擦を与えないよう気をつける

エクステがとれたり劣化したりする原因には

・グルーの接着力が劣化・低下する
・接着点に刺激や摩擦が与えられて外れやすくなる

といったものが挙げられます。

先にご紹介した「洗顔を控える」は、グルーの劣化や接着力の低下を防ぐために気をつけたいポイントです。

これに加えて心がけたいのが、エクステ後はできるだけ触らない・こすらないという点です。

付けたてのまつげエクステは、ついつい触ってしまいたくなってしまうものです。しかし、触れてしまうと地毛とエクステの接着点に刺激や摩擦が加わってしまうので、誘惑にはぐっと耐え、可能な限り目元をこすったり触ったりするのを控えて下さいね。

また、意外に見落としがちなのが洗顔後のタオルの使い方です。
タオルで顔をふく時に、ゴシゴシ肌をこすってしまうと、タオルの繊維にエクステが絡み、抜け落ちてしまうことがあります。

そのため、洗顔後はタオルを肌に優しく押し当てる形で水分を吸収させ、できるだけ肌や目元に刺激や摩擦を与えないよう気をつけてみて下さい。

これは、エクステだけでなく肌の健康を守るのにも有効です。摩擦や刺激はエクステだけでなく、地まつげやお肌の大敵でもあります。

タオルの使い方をちょっと工夫するだけで、エクステの保ちだけでなくスキンケアにも役立つなんて嬉しいですよね。とても簡単なコツですので、是非試してみて下さい。

3.ドライアップを習慣にする

まつげエクステには摩擦や刺激が大敵なので、入浴や洗顔後、タオルで目元をゴシゴシ拭いたりするのはNGです。

しかし、ここで問題になるのが「優しく目元を拭いただけでは、水分が残りやすい」ということです。

エクステを接着しているグルーは水分で接着力が劣化しますし、地まつげは濡れたままだとキューティクルが開いた状態になり、痛み・切れやすくなってしまいます。

そこで習慣にしていただきたいのがドライアップです。

ドライアップとは、その言葉通り「地まつげとエクステを素早く乾かすこと」を指します。

とはいってもそう難しいことではなく、次のような簡単な方法で行うことができます。

1.ドライヤーを冷風にセットする
2.ドライヤーを目元から30cmほど離し、エクステの下側から風があたるよう調整する
・片側20秒ほど風をあててエクステを乾かす

あっという間にできるエクステケアなのですが、効果はてきめんです!
ドライアップをするとグルー持続力が維持できますし、エクステや地まつげのツヤやハリも良くなります。

短い時間で簡単に行えるお手入れなので、是非、スキンケアや入浴後の習慣として取り入れてみて下さいね。

4.毎日ブラッシングをする

「ブラッシングをするとエクステがとれるかも……」

なんてご意見もあるかもしれませんが、心配はご無用です。
それどころか、ブラッシングをするとエクステは長持ちするのです。

まつエクでは、エクステを地まつげ1本1本に装着するのが基本で、それぞれセパレートの状態となっています。

しかし、メイクや日常動作を行う中で、まつげやエクステが絡まり合ってしまい、このセパレートの状態が乱れてしまうことが多々あります。

髪の毛をイメージしていただければ分かりやすいと思うのですが、絡まり合った体毛は引っかかりやすいため、ちょっとしたことですぐ抜けてしまうようになります。

実は、まつげエクステでも同じことがおきてしまうんです。
そのため、毎日まつげとエクステをブラッシングして、セパレートの状態を保つことが重要なんですね。

ブラッシングをすると目元も綺麗に映るようになりますし、地まつげの健康を保つこともできます。簡単な一手間ですが、こちらも効果抜群なので試してみて下さいね。

アイディー銀座ネットショッピング  

この記事が気に入ったら
アイディー銀座にいいね!しよう

まつエクの最新情報をお届けします

Twitterでeye:D 銀座まつエクをフォローしよう!

関連記事

  1. 注目コスメ!「INGLOT Duraline」でアイシャドウがア…
  2. レーシック体験者のアイリストが教えます!レーシックとまつエクに関…
  3. 優秀なのはどっち?!付けまつげvsまつげエクステ
  4. まつエクサロンの値段差のなぞ…高い・安いまつエクの違いとは?
  5. 2016年冬、最新トレンド!「リバーススモーキーアイ」の作り方
  6. アイディー銀座が叶えます!目力アップで目指す、魅惑的な目元
  7. まつげエクステの保ちを良くするポイント 目元ケア編
  8. 2017 年のトレンドになること間違いなし!3D・4Dまつエクは…
PAGE TOP