銀座・有楽町エリアで圧倒的なセンスと技術力。『持つ』まつげエクステ・眉毛エクステ専門店【eye:D(アイディー)銀座】

そのケア間違っているかも?絶対にやってはいけないNG目元ケアをご紹介!

「eye:D(アイディー)銀座」では、まつげエクステだけではなく、アイケア全般のお悩みやご相談に精一杯対応させていただいております。

私も日々お客様から様々なご相談を受け、対処法などを回答させていただいているのですが、
最近「正しい目元ケアの方法」に関するご質問が増えてきているように感じております。

「良かれと思ってケアを続けているのに、目元のシワが増えた気が……」
「しっかりマッサージしているのに、目元がくすんで見える」

などなど、毎日アイケアに余念がないのに効果が実感できないというお声を多くいただいています。

そこで今回は正しい目元ケアと、ついついやってしまいがちな間違ったケア方法についてご紹介してみたいと思います。

やってはいけない目元ケア

やってはいけない目元ケア

1.目元のマッサージ

やってはいけない目元ケアに「マッサージ」が入ることに驚く方も多いかと思います。
確かに、マッサージは目元以外の部位に対しては、血行を促進し老廃物を排出させるのに効果的なケア方法です。

しかし、目元の場合は皮膚が非常に薄くデリケートなため、
ぐいぐいと押したり引っ張ったりしてしまうと、皮膚が痛んで伸びてしまい、しわやたるみの原因となってしまいます。

また、無理にマッサージを続けると、目の周りのハリを支える眼輪筋と呼ばれる筋肉が弱る、真皮層のコラーゲン繊維や毛細血管が傷つくなどの悪影響も考えられます。さらに、マッサージを行う際に起こる摩擦が肌の角質層を傷つけて水分の蒸散を招く、色素沈着を引き起こすなどの問題もあります。

アイクリームでケアをする時などに目元マッサージを行っているという方も多いかと思いますが、
もし行う場合は、ごくごく軽い力で、目元の皮膚を優しく撫でるような感覚で行われることをおすすめします。

2.強いクレンジング剤でアイメイクを落とす

まつげエクステを装着しているお客様の多くは、専用のクレンジング剤でメイクをオフされているため問題ないと思います。

ですが、市販されているクレンジング剤の中には、界面活性剤や添加物の配合された強い洗浄力をもつ商品もあるので注意が必要です。このタイプのクレンジング剤は、濃い目のアイメイクもキレイに落としてくれますが、肌にバリアを張っている保湿成分まで洗い流してしまうため、デリケートな目元には不向きです。

また、オイルタイプのクレンジング剤はエクステを接着しているグルー(接着剤)を溶かしてしまうため、まつげエクステを装着している間は使用されないことを強くおすすめします。

3.色の濃いサングラスを常時かける

目元の保護やファッションの一環として、常時レンズの色が濃いサングラスをかけているという方もいらっしゃるかと思います。実はこれも、できれば避けていただきたい事柄の一つです。

色の濃いサングラスは確かに紫外線をしっかりカットしてくれそうですが、レンズで光の透過率を低下させると、それに順応しようと目の瞳孔が広がってしまいます。これは、サングラスの隙間からの光をできるだけ集めようとする働きによるものなのですが、そうすると通常よりも瞳が紫外線を受け止めてしまう可能性があると言われています。

紫外線対策としてサングラスをかける際には、レンズが薄めのものを選び、できれば不必要な場所では外すなど工夫されると良いでしょう。

正しい目元ケア方法

正しい目元ケア方法

1.目元の血行を促進させる

目元の血行を良くする方法としておすすめなのが、ホットタオルを使った温めケアです。ケアと言ってもとても簡単で、数分間目元にホットタオルを当てるだけで十分です。

ホットタオルの作り方も簡単で、小さめのタオルを水にくぐらせて固めに絞り、電子レンジで1分~1分30秒温めるだけでOK。タオルを濡らす水にアロマオイルを垂らすなどすると、よりリラクゼーション効果も高まります。

目元をホットタオルで温めると、血行や新陳代謝の促進やターンオーバーの正常化などの効果が期待できますが、同時に交感神経が副交感神経に切り替わるため、身体の緊張が解けてリラックスしやすくなります。

また、ホットタオルを外した後は毛穴が開きケアしやすい状態になっていますので、保湿効果の高い化粧水や美容液、クリームなどで優しく保湿すると通常より高い効果が期待できます。

2.紫外線・乾燥対策

目元の皮膚はとても薄くデリケートなため、紫外線の影響を特に受けやすいという特徴があります。そのため、一年を通して低刺激の日焼け止めを塗る、屋外では紫外線透過率が低く薄い色のサングラスをかけるなどして、日頃から紫外線対策を行いましょう。

また、紫外線や肌荒れ、加齢などからくるお肌の乾燥は、小じわや色素沈着、目元のくまやくすみの原因となります。そのため、日頃からコラーゲンやセラミドなど保湿成分が配合された化粧品やアイクリームを使い、目の周りもしっかり保湿しておくことが大切です。

最後にアイディー銀座から

いかがでしたか?
目元の皮膚の厚さは0.5〜0.6mmと極めて薄く非常に繊細です。その厚さは、なんとゆで卵の薄皮と同じ程度だとか。

それだけに、間違ったケアを行ってしまうと途端に強い影響を受け、弱ったり傷ついたりしてしまいます。良かれと思って行っていたケアが目元に多大なダメージを与えていたというケースも少なくありませんので、今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

「eye:D(アイディー)銀座」では、デリケートな目元に優しいケア方法などもご紹介させて頂いておりますので、お気軽にご相談下さい。経験豊富なアイリストが、お客様お一人お一人の状態に合わせたアドバイスを行わせていただきます。

また、当店では現在ではOpen記念として100%キャッシュバックキャンペーン実施中です。こちらのページで詳細をご紹介しておりますので、よろしければチェックしてみて下さいね。

アイディー銀座ネットショッピング  

この記事が気に入ったら
アイディー銀座にいいね!しよう

まつエクの最新情報をお届けします

Twitterでeye:D 銀座まつエクをフォローしよう!

関連記事

  1. まつエクサロンの値段差のなぞ…高い・安いまつエクの違いとは?
  2. 今すぐできる、目の左右非対称をカバー!お勧め方法をご紹介
  3. 5~10歳も老けて見える原因は、「目元の窪み」にあり!?窪み目の…
  4. 花粉症対策は今から!花粉の時期にもまつエクを楽しむための予防方法…
  5. 気を付けたい!目を小さくするNG日常習慣とは?!
  6. あなたは何本? 自分にピッタリなマツエクの本数を見つけよう!
  7. まつエクがチクチク・ゴワゴワ・違和感がある!一体目元で何が起こっ…
  8. 花粉症でもストレスフリーなまつげエクステのススメ:お家編
PAGE TOP