銀座・有楽町エリアで圧倒的なセンスと技術力。『持つ』まつげエクステ・眉毛エクステ専門店【eye:D(アイディー)銀座】

5年後、10年後が変わる!若々しい目元をキープ!習慣にしたい正しいアイケア方法

長いようで短いゴールデンウィークも終わりましたね。
皆さんはどんなゴールデンウィークを過ごされましたでしょうか?

目元は年齢が出やすい箇所と言われています。
「基礎化粧品やお化粧品にはこだわっているけれども、アイケアは。。」という方。
ちょっと注意が必要かも知れません。
実は、目元は最もデリケートで、お肌のどの部分よりもケアが必要な箇所なのです。
ケアを怠ると、シワ・むくみなどが出やすくなってしまいます。
これではせっかくのお化粧も台無しですよね。
早すぎる・遅すぎるなんてことはありません。
正しいアイケアの方法を身に着けて、いまでも若々しい目元をキープしてみましょう。

アイケアの必要性

目元の皮膚の厚さは、わずか0.5〜0.6mm。通常の皮膚の1/3位にしかなりません。
とてもデリケートかつ、乾燥し易い箇所です。
女性の場合は30代~目元のシワやたるみが気になり始める方が多く、その主な原因は「目元の乾燥」と言われています。
1日に15000回も瞬きをする上、最近ではパソコンやスマホを長時間使用する方も多いですよね。
乾燥×疲れ目のダブルパンチで、一層目元が老けやすくなります。
だからこそ、目元に特化したケアがとても大切なのです。
特に「彫の深い顔立ち」の方。顔の作りから表情筋が動かしにくく、まぶたの摩擦が生じやすい、目元のたるみ・シワが出やすいタイプです。
早めのアイケアで、今からしっかり予防&改善をして行きましょう。

正しいアイケアの基本ステップと応用

正しいアイケアの基本ステップと応用

夜だけではなく「朝」にも行う事でより効果がアップします。
というのも、夜よりも、外で活動する日中の方が目元は過酷な状況に置かれるからです。
朝のケアで1日の乾燥予防・疲れ目予防をする事で、老け顔を含めた、様々な目のトラブル回避につなげましょう。
早速その方法をご紹介させて頂きますね。
勿論、どうしても難しい場合は夜だけでも大丈夫!根気強く、継続してケアを行う心構えが最も大切です。

ステップ1:化粧水で保湿

惜しまず、タップリの化粧水をコットンに含ませて、3分程目の上にパックします。
ポイントは2点。
まず、薄いコットン又は剥せるタイプのコットンを使用する事です。
あまり厚さがあると重さが負担となり、かえって目元のたるみの原因となりかねません。
2点目は、コットンにシワを寄せないという事。コットンのシワ→目元のシワの原因となってしまいます。

ステップ2:目元専用美容液の使用

シワが気になり始めた方には、特にお勧めのアイテム&アイケアステップです。

目元専用美容液の特徴~選び方

目元専用美容液はいわば、基礎化粧の「化粧水」に当たります。
アイクリームは美容液で潤した水分が飛ばないように「フタ」の役割を果たす物です。
さて、美容液ですが様々なタイプの品が用意されています。
選ぶのに迷ってしまいますよね。化粧水を選ぶときと同じように、お肌(目元)の基本的なお悩みに合わせてチョイスしてみましょう。
・紫外線を浴びる環境にいるから「くすみ」易い→ビタミンC誘導体など、美白成分配合の美容液。
・お肌のタイプから、目元も乾燥し易い→保湿効果の高い「セラミド」や「ヒアルロン酸」などを配合した美容液。
・不規則な生活などで、肌が荒れ気味→お肌補修成分、レチニールエステル等を配合した美容液。
・シワが気になりだした→トータルエイジングケアも出来る美容液。

お悩みに合わせた、コレ!という1本を見つけてみて下さいね。

目元専用美容液の使い方

適量を手に取り、目尻→目頭に向けて一直線に優しく塗るだけ。
目尻→目頭の動作を5回程繰り返しましょう。
摩擦は目のたるみや茶クマの原因となってしまうので、ある程度タップリ目に取る事をお勧めします。

ステップ3:アイクリーム

化粧水パック+美容液で潤した目元に、アイクリームでフタをして、乾燥予防をしていきましょう。
マッサージしながらクリームをお肌に浸透させる事で、浸透率のアップと目元のむくみを解消し、リフトアップにも効果的です。
その方法はこちら!
① お米1粒位のアイクリームを中指にのせ、上まぶた・下まぶたにてんてんと乗せて行きます。目のきわには置かないように注意しましょう。目のトラブルの原因となってしまいます。
② 目尻→目頭→眉頭→こめかみ→こめかみプッシュの動作を繰り返し、アイクリームを浸透させていきます。この時、眼球を刺激しない様にしましょう。目の周りの筋肉に沿って、老廃物を流すイメージで行います。

ステップ4:帰宅後のメイクオフ

アイメイクを落としきれないと、目の炎症や色素沈殿から「茶クマ」の原因となる事も。
最近では、ウォータープルーフタイプのアイメイク用品が多い為、目元メイクに特化した「アイメイクリムーバー」の使用がお勧めです。
ゴシゴシする必要もなく、メイクが残る可能性も少なくなります。
落とし方の手順はこちら!
①コットンを水で濡らし、しぼります。メイク落としに必要なのはタップリのリムーバー。ですが、リムーバーだけでコットンを湿らせようとすると、案外量が必要となってしまうのです。水で湿らせる事で、リムーバーの節約が叶いますよ。
②まぶたに置き、最低10秒馴染ませる。みるみるアイメイクが浮き出てくるはずです。
③優しく滑らせるようにして拭きとる。ゴシゴシはNGです。
④アイメイクが落としきれない場合は、新しいコットンに変えて①~動作を繰り返します。

最後にeye:D(アイディー)銀座より

アイケアに年代・年齢は関係ありません。
最近目元が気になる・そろそろアイケアをはじめようかなという方。是非スタートしてみて下さい。
お目元は、デリケートな部分なだけあって、なかなか速攻で効果が出る部位ではないので、早めの対策&毎日のケアがとても大切になってきます。
正しいケア方法を身に着ければ、5年後、10年後にきっと「アイケアをしていて良かった」と思える日が来るはずです。
是非今日、明日から始めてみてくださいね。

アイディー銀座ネットショッピング  

この記事が気に入ったら
アイディー銀座にいいね!しよう

まつエクの最新情報をお届けします

Twitterでeye:D 銀座まつエクをフォローしよう!

関連記事

  1. なりたい印象別に変えよう!まつエクの種類
  2. 目元年齢肌の予防に!お勧めのサプリメントは一体何?
  3. メガネでもまつエク可能!まつエク×メガネを両立して、目指すは知的…
  4. まつエクサロンの値段差のなぞ…高い・安いまつエクの違いとは?
  5. 諦めなくても大丈夫!まつ毛が短くても叶う、可愛い・にじまないアイ…
  6. 「まつ毛育毛剤」は使うべき?副作用はある?美容液との違いを徹底解…
  7. 根元が白い!?汚いまつエクの原因&対処法
  8. ここぞと言う時に抑えたい!男性好みのアイメイクをご紹介
PAGE TOP