銀座・有楽町エリアで圧倒的なセンスと技術力。『持つ』まつげエクステ・眉毛エクステ専門店【eye:D(アイディー)銀座】

下まつ毛のまつエク、おススメの本数&長さ&太さ

最近では、上まつ毛だけでなく、下まつ毛へのまつエクも人気となっています。お客様によっては下まつ毛だけでオーダーされることも。下まつ毛にも挑戦してみたい!という方必見、おススメの本数、長さ、太さ、カールなどを一挙ご紹介します。

一気に可愛くなれる「下まつげ」のまつエク

下まつ毛でのまつエクで得られる効果を一覧にしてみましょう!
・立体感のある小顔になる
下まつ毛が長く、強調されることで鼻が高く、さらに、縦に目が大きく見えるので頬の距離が縮まり、立体感&小顔効果が見込めます。

・アイライン効果
エクステ、まつ毛が密集することで、アイライン要らずの目力が手に入ります。

・上のまつエクの持続力アップ
下まつげにマスカラを付ける必要がないので、上、下まつ毛の摩擦を抑えられて、上まつエクの持ちが良くなります。

・ダマ・ヒジキまつ毛にならない
下まつ毛のボリュームをアップさせようと、マスカラを塗り過ぎて不自然になってしまった…なんて経験はありませんか?太目のエクステを付ければ、マスカラを綺麗に塗ったようなグラマラスな目元が出来上がります。

・童顔効果
縦に目が大きく見えるので、童顔効果を狙えます。

なりたい目元を作る、おススメの本数×長さ×太さ×カールは?~下まつ毛編

なりたい目元を作る、おススメの本数×長さ×太さ×カールは?~下まつ毛編

「下まつ毛にエクステをつけると、ケバくなりそう…」と思われがちですが、しっかりと調整すればそんな事にはなりません。下まつ毛に付ける、エクステの本数、長さ、太さ、カール具合によって仕上がりのイメージは大きく変わります。具体的に見ていきましょう。

本数

ナチュラルならば20本、ゴージャスであれば最大で40本位(両目)が目安です。少しだけ様子を見たいのであれば、まずは目尻5本×左右からトライして頂くのもおススメ!たった5本ですが、違いがかなり実感できます。

長さ

ナチュラルな目力、アイライン効果をめざすのであれば、自分のまつ毛と同じ位の長さ。濃さとボリュームをアップさせたいならば、地まつげよりも1ミリ長い位の長さがおススメです。デザインによっては長さを組み合わせていくので、目安として覚えておくと安心ですね。

太さ

上まつ毛と併せる場合、上まつ毛よりも1ランク細いものにするとバランス良くなじみやすいです。ナチュラルを目指すならば、一番細い0.1ミリがおすすめ。この太さであれば、例え下まつ毛すべてに付けたとしても、違和感なくパッチリした目ができあがります。仕上がりとしては、「細く繊細な密集したまつげ」という感じです。

普段からマスカラでしっかり下まつ毛のボリュームを出している方であれば、0.12または0.15位の太さがおすすめです。付けまつげを愛用しているという方は、ぜひ、付けまつ毛をもってご来店ください。付けまつげを使用した時と同じデザイン、仕上がりにすることも可能です。

様子を見てみて、もう少し濃くても良いという時には、さらに1ランク上の太さを検討してみましょう。ただし太いほどに重さがでますから、持ちは少し悪くなってしまいます。

カール

くるんとしたカールである程に、接着面が安定せず持ちが悪くなってしまいます。そのため、下まつ毛では程よいカール感があり、接着面が安定するJカールが人気です。

エクステの種類

当店アイディーでは、ミンクまたはセーブルのみのお取り扱いとなります。下まつ毛におすすめなのは、セーブルです。地まつげと見た目がほとんど変わらず、軽いことを特徴とします。自然な仕上がり&軽さから、上まつ毛よりも繊細な下まつ毛、接着面の目立ちやすい下まつ毛にはピッタリの素材と言えます。

下まつエクでオシャレを楽しもう!~下まつ毛で出来るオシャレ編

キュート~セクシーまで色々なデザインがある!

縦を強調するデザインであれば、中心に長目のエクステを。切れ長のセクシーな目元を目指すならば、目尻の方を強調したデザインなどが可能です。雑誌の切り抜きや、画像などをお見せ頂ければ、ご希望のデザインを元にお客様に合わせたエクステをご提案させて頂きます。

カラーエクステを混ぜて、「私だけの目元」を作る

カラーエクステを下まつ毛の目尻だけに取り入れたり、または様々なカラーエクステをミックスすれば、誰とも被らない印象的な目元ができあがります。マスカラであれば全体に色が付き悪目立ちすることもありますが、カラーまつエクであれば1本1本に色がつくので、繊細でよりナチュラルな仕上がりに。パーティーの時などに一押しです。

最後にeye:Dアイディー銀座より

当店でも人気の下まつ毛まつエクですが、デメリットもあります。最大のデメリットは取れやすいという点。大体、7日~10日、最長で2週間ほどが持ちの目安期間です。また、下まつ毛は上まつ毛に比べるとより繊細なので、長く続けるのであれば、まつ毛美容液などでのケアは必須となります。

こうした理由から、大切なイベントに向けて下まつげのまつエクをご検討される方が多いようです。デメリットがあるのも確かですが、マスカラや付けまつげでは得られない360度どこから見ても美しい目元が叶います。気になる方は、ここぞ!という時に、ぜひ感動の仕上がりをお試し下さい。

下まつ毛まつエクの際にはぜひ、当店アイディーをご検討頂ければ幸いです。

この記事が気に入ったら
アイディー銀座にいいね!しよう

まつエクの最新情報をお届けします

Twitterでeye:D 銀座まつエクをフォローしよう!

関連記事

  1. 妊婦でもまつエクはOK?注意点をご紹介します
  2. 初めてのまつエク!押さえておきたい基礎知識や注意点
  3. 【2016年版】お問い合わせが多いまつげエクステのお悩みランキン…
  4. レーシック体験者のアイリストが教えます!レーシックとまつエクに関…
  5. 長くて綺麗なまつ毛の敵!「ブルーライト」対策をしよう
  6. 「まつエク」中の「コンタクトレンズ」に関するQ&A保存版!
  7. ビミョーな感じを何とかしたい!まつエクが取れかけている時の対処・…
  8. 夏にこそおススメ!眉毛エクステ&ケア方法

アーカイブ

PAGE TOP