銀座・有楽町エリアで圧倒的なセンスと技術力。『持つ』まつげエクステ・眉毛エクステ専門店【eye:D(アイディー)銀座】

妊婦さん、新米ママさんのお悩み…まつ毛が抜けて目元が寂しい!一体どうすれば良いの?

アイディーには、妊婦さんや出産後のママさんのご来店も多く「まつ毛が抜けてスカスカ…。この寂しい目元どうにかならない?」、「このまま生えて来ないんじゃないかと心配でたまらない」とご相談頂くことがあります。ご安心下さい。妊娠中・出産してからしばらくは、まつ毛・眉毛・髪の毛がグッと減ることも少なくないのです。自然に回復して行きます。本記事では、妊娠中・出産後にまつ毛が減る原因と改善策をご紹介します。

妊娠中・出産後にまつ毛がごっそり抜ける…原因は?

妊娠中・出産後にはエストロゲン・プロゲステロンという女性ホルモンの分泌が乱れてしまいます。このホルモンバランスが原因となって抜毛を引き起こしてしまうんです。例えば妊娠中は、妊娠を継続し赤ちゃんに備える体にするためにプロゲステロンとエストロゲンの分泌量が増えます。

エストロゲンは母乳を運ぶ乳管を発達させ、美髪作用のあるホルモンです。プロゲステロンは髪やまつ毛などの成長を促すとともに、ヘアサイクルのコントロールも担っています。妊娠中はこれらのホルモンが増えるので「髪の毛やまつ毛が増える」と感じる一方、出産後にはホルモン分泌量が減少してしまうため「一気にまつ毛や髪の毛が抜ける」と感じる方が多いんです。

とはいってもホルモンバランスの具合には個人差があります。中には、エストロゲン・プロゲステロンの分泌が安定しない方もいて、妊娠中からまつ毛や髪の毛がどんどん抜けるケースもあります。

まつ毛や髪の毛の抜け毛が治るまでにどの位かかるのかと言うと、ホルモンバランスが安定するまでなので、数カ月~1年以上の期間が必要だと言われています。赤ちゃんを授かったことは嬉しいけれども、私だったらきっと鏡を見る度に不安になってしまうと思います。妊娠中・出産後のまつ毛の抜けを何とかしたい!そんな方こそ以下、読み進めてみて下さいね。

まつ毛の減りを改善させる方法その1:ホルモンに影響しない「まつ毛美容液」を役だてる

妊娠中、授乳時には、まつ毛美容液でまつ毛のケアをしてあげましょう。商品選びの際に大切なのは「薬品」に分類されない「美容液」であるかどうかです。例えば、まつ毛育毛に使用される薬であるルミガン、ラティース・ケアプロストなどに要注意です。

美容液と混同されがちですが、医療品なので副作用も報告されています。これらの品には、副作用を引き起こすカツビマトプロスト」という成分が入っています。マウスを使った実験では胎盤や母乳から胎児に渡ることも確認されているので、妊娠中・授乳中は使用ができません。

美容液でも刺激の強いもの(エタノールを使用しているなど)もありますから、一度メーカーに問い合わせると安心です。妊婦さん・授乳時にも使える美容液としては、リバイブラッシュが有名です。

まつ毛の減りを改善させる方法その2:まつエクでボリュームカバーする

妊娠前は120本も余裕だったのに、出産後にお越し頂いた際に90本ほどしかつけられないというケースも良くあります。付けられる本数が少ないからこそ、デザインでいかに目元を華やかにできるかが大切です。デザインに自信のあるサロンをぜひ、チョイスしてみて下さいね。

極端にまつ毛が少なくなってしまっている方の場合、一般的なシングルラッシュではなく、ボリュームラッシュ(3D、4Dまつエク)を選択するのも手です。ボリュームラッシュとは、先が3本以上(3本で3D、4本だと4D、5本だと5D)に枝分かれした1本のエクステ(ファン)をまつ毛に付けるまつエクです。

シングルラッシュよりも軽いので、弱っている妊娠中・出産後のまつ毛への負担を抑えることができます。さらに、先が細くフンワリと分かれているため、空白が目立つまつ毛とまつ毛の間をナチュラルにカバーしてくれますよ。

妊娠中、出産後に安心して通えるまつエクサロンを選びましょう

心地よい空間であるか

例えば、妊娠中は赤ちゃんがお腹を圧迫してしまい、横になるのは一苦労です。リクライニングソファがあるサロンであれば、楽な姿勢で施術時間を乗り切ることができるでしょう。

出産後はどうでしょうか?念願の赤ちゃんとご対面して、嬉しい反面、体は慣れないことばかりでストレスを溜めがちになります。心からリラックスできる、ゆったりとした空間で心と体を癒すことも時には必要です。

グルーや使用素材にこだわってくれるのか

妊娠中・妊娠後のお肌はホルモンバランスが乱れがちで、栄養不足にないやすいことから、刺激にとても敏感です。まつエクの施術では、目の保護のためにテープをまぶたに直接はる必要があり、ピンセットなどの器具を使用すれば微量ながら静電気が発生することもあります。

こうした刺激が引き金になって痒みやかぶれが生じることがあるので要注意です。また、いつも問題なく使用しているグルーがアレルギーのような反応を起こしてしまうケースもあります。

思いがけない症状を予防するためにも、例えば、ヒアルロン酸などの美容成分配合の美容シートをテープ代わりに使用する、保湿クリームを使用して刺激からお肌を守る、お客様の状態にあわせた低刺激で体に優しいタイプのグルーに変更するなど、使用素材やサービスをしっかりと考えてくれるサロンだと安心です。

最後にアイディー銀座より

待望の我が子がお腹にいるという嬉しさ、出産後にはやっと対面出来たという嬉しさは、何物にも代えがたい喜びかと思います。でも、その喜びと引き換えに、まつ毛や髪の毛がドッサリと抜けてしまったら、覚悟をしていたとしても喪失感も感じてしまいますよね。

ご安心下さい。妊娠中・出産後のまつ毛の抜けは一生続くものではありません。適切なケアでカバーすることができます。デリケートな時期なだけに、まつエクだけでなくお肌、目元のケアなどでも気になる点が沢山でてくると思います。

そんな時こそ、アイディーを頼ってください。まつエクや目元のおしゃれをどんなシーンでも楽しんで頂ける様、お客様に寄り添った施術・アドバイスをさせて頂きます。

この記事が気に入ったら
アイディー銀座にいいね!しよう

まつエクの最新情報をお届けします

Twitterでeye:D 銀座まつエクをフォローしよう!

関連記事

  1. ママ必見!卒業式・入学式のまつエクのススメ&アイメイクのポイント…
  2. まつエク中に寝てしまう…いびきとかは気になるの?アイリストが正直…
  3. まつ毛育毛剤でふさふさまつ毛を目指したい方必見!まつ毛育毛剤の効…
  4. 今すぐできる、目の左右非対称をカバー!お勧め方法をご紹介
  5. 夏からのケアが重要?!秋特有のまつエクケア方法とは?
  6. まつエクのコーティング剤の選び方&使い方&おススメトップ3
  7. レーシック体験者のアイリストが教えます!レーシックとまつエクに関…
  8. 気になる!まつエクに年齢制限はあるの?まつエクで目指す「若返り」…

アーカイブ

PAGE TOP