銀座・有楽町エリアで圧倒的なセンスと技術力。『持つ』まつげエクステ・眉毛エクステ専門店【eye:D(アイディー)銀座】

アイリストも愛用中、まつエクにおすすめのアイシャドウの選び方&おススメ品6選

まつエクをしていると、まつ毛が長くなるためか、「アイメイクが難しくなった」と感じる方も多いです。アイシャドウは粉っぽいため、まつエクに付着しやすくて大変ですよね。そこで今回は、まつエクをより際立たせ、メイクを楽にしてくれる「まつエク時のアイシャドウ」の選び方やおすすめ品をご紹介したいと思います。

まつエク時のアイシャドウはこうして選ぶ!

粉っぽいアイシャドウを使用すると、粉が飛んでエクステに付着しまつ毛が白っぽくなったり、グルー部分に付着して汚い印象になってしまうことがあります。まつエクと相性の良いアイシャドウの選び方のポイントを抑えてみましょう。

まつエクと相性のよいアイシャドウ1:ラメ系は避ける・使用するときはコツを抑える
大き目のグリッターなどを使用したアイシャドウでは、ラメがまつ毛やまぶたに飛びやすくなります。出来るだけ使用を控えるようにしましょう。

どうしても大粒・キラキラグリッターを使用したい時には、クレヨンタイプなどの粘着力のあるアイライナーを下地に使用するか、「INGLOT Duraline」をグリッターに混ぜて使用して、しっかりとラメを固定するようにしてみて下さい。持ちも発色も良くなりおすすめです。

まつエクと相性の良いアイシャドウ2:上品な艶感を出すパール マット系・クリームタイプ・クレヨンタイプのアイシャドウ
どれもしっとりとした質感で、肌に密着するタイプのアイシャドウです。粉飛びが抑えられるので、まつエクをキレイな状態に保ちやすくなります。肌に乗せた時にパールの様な発色をしてくれる細かい粒子の品だと、上品な艶感を演出できますよ。シックなハーフ顔・どこか大人っぽい優美な目元を狙いたい方には一押しです。

まつエクと相性の良いアイシャドウ3:濃すぎない色を選ぶ
あまりに濃い色をチョイスすると、せっかくのまつエクのデザインがくすんでしまいます。肌馴染みのいい淡いブラウン系、オレンジ系、ベージュ系、ピンク系にすると、上品で柔らかな印象を残せます。

まつエクにピッタリのおススメアイシャドウ6選


ここでは、アイリスト達も注目&愛用している、まつエクとの相性が良いおすすめアイシャドウをご紹介します。

1:アディクション ザ アイシャドウ(2,160円 税込)

99色展開なので、お気に入りの色が必ず見つかります。アディクションの特徴は、パール・ラメの美しさにあります。他のメーカーでは出せないような、目元に艶を生むようなアイシャドウをお探しの方にぴったりでしょう。

2:コスメデコルテ AQMW アイロウジェム(2,700+税)

発色もよく、ジェルのような柔らか質感なので粉飛びの心配がありません。色が伸びやすくて立体的なグラデェーションが簡単に作れてしまうので、アイメイク初心者の方や、朝メイクの時短を叶えたい方からも絶大な支持を得ている商品です。

3:エクセル スキニーリッチシャドウ(1,620円 税込み)

お値段はお手頃なのに、パールが強く、しっとりと潤ったような目元に。パレットそのままの発色だと人気です。韓国コスメ、ルナソナのような感じと例える方も多いのだとか。落ち着いた透明感のある仕上がりになるので、毎日のメイクや、あまり派手なメイクができないオフィスでも役立つこと間違いなしのアイシャドウでしょう。

4:MACのスモールアイシャドウ(特にサテントープやクラブは質感がしっとりしています2,400円 )・MACエクストラ ディメンション アイシャドウ(2,900円)

はっきりとした、外国人のような強めの発色が理想の方におすすめのブランドです。一度のせただけでも、しっかりと色づきます。ブラウン系のアイシャドウを沢山揃えているので、スモーキーな目元を目指したい方は是非チェックしてみて下さいね。

5位:NARS ベルベットシャドウスティック(3,200円)

水分を含んだようなウルッとした描き心地で、思う様にスルスルと伸びてくれます。モード系のメイクが好きな方にはおすすめ。多少乗せ過ぎでも大丈夫!チップや指先で簡単にグラデーションを作れるのも人気の理由です。

この他にも沢山のメーカーからスティックアイシャドウが販売されています。どれも粉飛びの心配は比較的少ないので、お気に入りの色があれば、メーカーに関係なく、ぜひ試してみて下さいね。

最後にアイディー銀座より

まつエク時のアイシャドウでは、なるべく粉をまつ毛に付けない品を選ぶことが大切です。粉っぽさがなく、しっとりとしたテクスチャーの品をチョイスしていきましょう。マット・クリーム・スティックタイプのどれかに絞ると失敗なく選べるでしょう。

自分の目指す目元を叶えるためにも、ブランドの傾向を抑えるのも大切かも知れません。例えば、MACは濃い鮮やかな発色に定評がありますし、ルナソナやエクセルは濡れたような艶感に定評があります。

テクスチャーや、ブランドの傾向を抑えて、まつエクをより際立たせるようなお気に入りのアイシャドウを見つけてみて下さいね。

この記事が気に入ったら
アイディー銀座にいいね!しよう

まつエクの最新情報をお届けします

Twitterでeye:D 銀座まつエクをフォローしよう!

関連記事

  1. セルフまつエクって本当にお得なの?メリットと危険性
  2. にじみやすいのは何故?!なりたい印象別、「にじませない」アイライ…
  3. まつげの抜け毛でお困りの方へ。この季節まつげが抜けやすくなる理由…
  4. そのケア間違っているかも?絶対にやってはいけないNG目元ケアをご…
  5. まつげの毛周期を理解してまつエクを長期間キープ!
  6. トップアイリストが教える!まつ毛エクステに関する疑問を一挙解消~…
  7. 2017年春!トレンドに合わせたカラーまつエクのススメ&人気色
  8. まつげエクステがつけられる自まつげ、つけられない自まつげ

アーカイブ

PAGE TOP