銀座・有楽町エリアで圧倒的なセンスと技術力。『持つ』まつげエクステ・眉毛エクステ専門店【eye:D(アイディー)銀座】

憂鬱な朝メイクは卒業!まぶたの腫れ・浮腫みの原因と対処法

ゴールデンウィークも残すところあと2日となりました。
みなさまはどんなゴールデンウィークを過ごされましたでしょうか?
銀座の歩行者天国ではイベント盛りだくさんだったようです。
もちろんアイディー銀座はゴールデンウィークに関係なく営業しておりますので、
是非ご予約いただければと思います。

さて、本日はお目元でも重要な朝メイクのまぶたケアについてお話をしたいと思います。

大切な日に限って、「まぶたが浮腫んで一重に!」「腫れぼったくて、アイメイクが上手く決まらない」なんて事が起きますよね。
生活習慣など、何気ない動作がその引き金となっているかも知れません。
まぶたの腫れ・むくみの原因と、その解消法をご紹介させて頂きます。
しっかり予防をして、憂鬱な朝とはおさらばしましょう!

まぶたが腫れる・浮腫む主な原因

病気

頻繁にまぶたが腫れる・浮腫むと言う方は、腎臓疾患の可能性もあります。
また、目元だけでなく顔や体全体が長く浮腫むという方の場合、尿にタンパク質が過剰に出てしまう「ネフローゼ症候群」の可能性も。
夕方~夜だけではなく、一日に渡って浮腫む場合などは迷わず医療機関を受診しましょう。

代謝ダウン・血行不良

代謝のダウンが、浮腫みと深い関係にあります。
代謝とは、「体に摂取されたエネルギー・栄養素が、消費されたり、利用される事」を意味し、代謝が正常に働く為には、私達のあらゆる動作に関わる細胞が活発に動く事が大切です。
ですから、健康を保つことは勿論、細胞が活動に必要とする酸素や栄養をしっかりと滞りなく届けてあげる事が必須。
血行不良や老廃物が溜まり易い体は、その循環を阻害し、「代謝」の大敵になってしまうのです。
老廃物等がたまり血行不良→代謝ダウン→さらに血行不良→更なる代謝ダウンという負のスパイラルに。目元のむくみを撃退するには「代謝」を下げない生活習慣が大切なのです。

代謝を下げてしまう、主な生活習慣はこちら!

・夜更かし
・外食(塩分・糖分の過剰摂取)
・夜食
・アルコールの飲み過ぎ
・水分の摂り過ぎ
・運動不足

外食やアルコールなど、付き合い上、どうしても必要なケースもありますよね。そんな時には以下のポイントに気を付けてみましょう。

外食

まずはサラダからオーダー。塩分・糖分のある物を食べるなら、デザートや絞めの炭水化物は摂取しないなどの工夫をしてみましょう。

アルコール

脱水効果があるので、アルコールの摂取後に喉が渇き易くなります。
体の水分量を調整する機能がアルコールにより麻痺しがちなので、ここで水分を取りすぎてしまう傾向に。
アルコールはほどほどを心掛ける。飲み過ぎないように、チェイサーで適宜水分を補給するなどの工夫をしてみましょう。

その他の要因

eyelid-swelling2

目をこする癖

涙を流すと、目が腫れる。実は、必ずしもそうではないようです。
泣いた後に目が腫れてしまうのは「目をこするから」と言われています。
目をこすってしまう事で、皮膚の下の毛細血管が傷つき、それを修復しようと組織液が多量に発生。
目元は皮膚が特に薄い箇所ですから、余計に腫れて見えてしまうのです。
寝ている間に目をこする傾向のある方は、注意してみましょう。

落としきれていないアイメイク

アイメイクがしっかり落ちていないと、炎症→目の腫れの原因となってしまいます。
メイクは少なからず肌にダメージを与えてしまうので、出来るだけ早く落とすようにしたいですね。

就寝姿勢

朝の目元のむくみが夕方にかけて引いて来る、という方。
もしかすると枕の位置が低いのかも知れません。
「頭が心臓よりも高い位置」が血液の巡りを阻害しないべストな体勢です。
うつぶせではなく、仰向けで寝る と浮腫みにくくなります。

生理前の女性ホルモン

女性の場合は、生理1週間前~生理半ばまで、女性ホルモンの関係で浮腫みやすい体質となります。
出来るだけ代謝を下げない生活を心掛け、浮腫みの原因となる水分を排出する「カリウム」・「ビタミンE」を積極的に摂取するようにしてみましょう。

大切な日の前夜に!目元のむくみ・腫れ予防方法

大切な日の前夜に!目元のむくみ・腫れ予防方法

リンパマッサージ

顔に溜まった水分を流してあげる事で、翌朝の顔・目のむくみを予防します。「目周」「首」のマッサージをご紹介しましょう。

目周りのマッサージ


1額に人差し指・中指・薬指を水平に当て、こめかみ部分まで流すイメージで持ってきます。
2こめかみをプッシュ。
3そのまま下・首筋~鎖骨まで流します。1~3を3回程続けます。


1薬指を眉頭→眉毛の骨に沿って、こめかみまで動かします。ここでも老廃物を流すイメージを持って行いましょう。
2目頭に戻る→下まぶたの骨の窪みに沿って、こめかみまで動かします。
3こめかみをプッシュ→そのまま顔のラインに沿って下に。首筋→鎖骨に流します。

首のマッサージ

1まずは軽く首を動かし、ストレッチをします。
2クリームを首全体に塗ります。
3耳の裏に手を当て、鎖骨のあたりまでさすります。この動作を10回程行いましょう。
4鎖骨の窪みをぐりぐりとして、老廃物の出口を整えます。

速攻!目元のむくみ・腫れ対処法

予期せぬ、目元のむくみ・腫れに役立つ方法をご紹介しましょう。

温冷刺激

ホット→血行促進。冷え→皮膚・血管の引き締めと言った具合に、温度の違いを利用する事で、まぶたの腫れに効くと言われています。その手順はこちら。

1.ホットタオル・冷たい水や化粧水を含ませたコットンを用意します。
2.ホットタオル・コットンをそれぞれ3~6分ずつまぶたに乗せます。

ツボを押す

1.眉頭(目頭の上部)の内側にある窪みに親指を置き、上に向かって3秒プッシュ×3回。
2.目頭の下のくぼみに中指をあて、同じように3秒プッシュ×3回。

最後にeye:D(アイディー)銀座より

朝の憂鬱な目のむくみや腫れは、生活習慣を意識する事で改善可能なようです。
どうしても夜更かし、アルコール、外食などが必要な時には、マッサージやツボ押しなど、むくみ予防方法を是非お試し下さいね。
eye:D(アイディー)銀座では、まつ毛エクステに関する疑問だけでなく、お客様の目元の悩みにもしっかりお応え致します。
どんな些細な事でも、スタッフにお気軽にお尋ねくださいませ。
皆さまの素敵な目元演出をお手伝いさせて頂ければ幸いです。

この記事が気に入ったら
アイディー銀座にいいね!しよう

まつエクの最新情報をお届けします

Twitterでeye:D 銀座まつエクをフォローしよう!

関連記事

  1. 外国人顔に近づける!優しい雰囲気の「ブラウン まつエク」が人気で…
  2. ビミョーな感じを何とかしたい!まつエクが取れかけている時の対処・…
  3. まつエク愛用者の「花粉症対策」~サロン・自宅でできる工夫をご紹介…
  4. セルフまつエクって本当にお得なの?メリットと危険性
  5. 諦めなくても大丈夫!まつ毛が短くても叶う、可愛い・にじまないアイ…
  6. 気を付けたい!目を小さくするNG日常習慣とは?!
  7. まつエクの悩み~根元やノリ周りが汚くなるのはナゼ?予防法と対策
  8. 今すぐできる、目の左右非対称をカバー!お勧め方法をご紹介

アーカイブ

PAGE TOP