銀座・有楽町エリアで圧倒的なセンスと技術力。『持つ』まつげエクステ・眉毛エクステ専門店【eye:D(アイディー)銀座】

まつげの抜け毛でお困りの方へ。この季節まつげが抜けやすくなる理由と対策法をご紹介!

eye:D(アイディー)銀座のまつエクコラムをご覧頂き、ありがとうございます。

朝晩過ごしやすくなり、吹く風も涼しく秋めいてきましたね。実は、秋になるとお客様から「最近、まつげがよく抜けるようになってしまって困っています……」といったご相談を受ける機会が増えてきます。

実際、季節の変わり目に「まつげが抜けやすくなる」と感じる方はとても多く、特に夏の終わりから秋にかけてエクステを装着できる自まつげの数が減少しているお客様も見受けられます。

そこで本日は、秋にまつげが抜けやすくなる理由についてご説明していきたいと思います。

秋にまつげが抜けやすくなるのはなぜ?

まつげには他の体毛と同じように毛周期があり、サイクルが早い人で30日ほどの周期、遅い人で100日ほどの周期で生えかわります。

しかし、この毛周期は人の身体が元々備えている体毛の生えかわりのメカニズムですので「秋にまつげが抜けやすくなる」ということとは直接関係ないと考えられます。

では、なぜ夏の終わりから秋にかけてまつげが抜け落ちやすくなるのか。それは、夏特有の気候や天候、それに対応するメイク事情が関係していると言われています。

まつげが抜けやすくなる原因をおさらい

まつげがごっそりと抜ける場合、その原因として考えられるものには次のようなものがあります。

1.メイクや洗顔時に摩擦を与えてしまっている
2.紫外線の影響でまつげが弱っている
3.メイクをクレンジングで落としきれていない
4.目元に汗や皮脂などの汚れが蓄積している
5.まつげの栄養不足

これらの原因を再確認することで、夏の終わりから秋にかけてまつげが抜けやすくなる理由が、皆様にも少しずつ見えてきたのではないでしょうか?

秋にまつげが抜けやすくなるのは、夏特有のメイク事情が影響している!?

秋にまつげが抜けやすくなるのは、夏特有のメイク事情が影響している!?

ウォータープルーフのメイクが原因?

夏は気温が高く化粧崩れが起きやすいため、女性は汗や皮脂対策として、ウォータープルーフのアイライナーやマスカラを多用します。これらのアイテムは、汗や皮脂に強く、化粧にじみを抑えることができる心強い味方です。

しかし一方で「しっかりクレンジングを行わないと落ちにくい」という、ちょっと困った一面も持っています。皮脂や汗に強いのですから、クレンジングでもなかなか落ちないのも当然ですね。

そのため、夏の目元メイクをキレイに落とすため、多くの方がクレンジングの際にいつもよりもゴシゴシこすってしまったり、いつもよりも強めのクレンジング剤を使ったりしてしまいがちです。

このことが、繊細なまつげと目元の皮膚にダメージを与え、抜け毛を誘発している可能性があります。

また、まつげへのダメージを考えて優しくクレンジングしている場合も安心することはできません。なぜなら、メイクが落としきれず、汚れとなって日々蓄積している危険性があるからです。

ウォータープルーフタイプのアイライナーやマスカラは、商品によっては目元用のオイルクレンジング剤などを用いないと、キレイに落とすことができない場合があります。

ご存じの通り、まつエクをしている場合はオイルクレンジングや洗浄力が強いクレンジング剤の使用はNGです。そのため、エクステに優しいクレンジング剤を使い続けることで、夏の間に少しずつメイク汚れが蓄積してしまい、その影響が秋口に「抜け毛」という形で出てしまうケースが多いのです。

ウォータープルーフタイプのメイク用品はとても便利なアイテムですが、まつエクの上から用いる場合は、私たちアイリストに一度ご相談いただければと思います。使用上の注意やクレンジングの方法などについて、個別にアドバイスさせていただきます。

紫外線の影響でまつげが傷んでしまっている

夏は目元も肌と同じく強い日差しを浴び続けていますので、まつげも紫外線によるダメージを受けています。

近年、日焼け止めなどによる紫外線対策が当たり前のことになってきていますが、目元やまつげもしっかり対策しているという方は少ないのではないでしょうか?

最近はまぶたに使える日焼け止めや、紫外線防止効果のあるアイクリームなどがリリースされていますので、ぜひ来年の夏はこれらのアイテムで目元重視の紫外線対策を行われることをおすすめします。

併せて、外出時はサングラスや帽子などで目元をしっかり保護し、できるだけ自まつげとエクステに紫外線の影響が及ばないよう工夫するのもお忘れなく。

また、夏場はまつげも栄養不足を引き起こしやすくなるので、朝晩美容液などで栄養補給をするのも効果的です。加えて、朝メイクの時などに紫外線吸収剤が配合されたトップコートを使用するのも一つの手です。

eye:D(アイディー)銀座から最後に

秋にまつげが抜けやすい理由をご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?

銀座アイディーでは、夏にダメージを受けたまつエクのケアやお手入れ方法についてのアドバイスも行わせていただいております。抜け毛や切れ毛などでお困りの際は、ぜひスタッフにご相談下さいませ。

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

この記事が気に入ったら
アイディー銀座にいいね!しよう

まつエクの最新情報をお届けします

Twitterでeye:D 銀座まつエクをフォローしよう!

関連記事

  1. 諦めなくても大丈夫!まつ毛が短くても叶う、可愛い・にじまないアイ…
  2. まつエクに似合う期限はありません!40 ・50代~まつエクが人気…
  3. 2017年春!トレンドに合わせたカラーまつエクのススメ&人気色
  4. ダメージを防ぎながらまつげエクステをケアする方法
  5. 優秀なのはどっち?!付けまつげvsまつげエクステ
  6. 似合うアイシャドウで印象的な目元を作る!アイシャドウの選び方&使…
  7. 外国人顔に近づける!優しい雰囲気の「ブラウン まつエク」が人気で…
  8. アイリストが正直に教えます!まつエク グルーの危険性&対策方法

アーカイブ

PAGE TOP