銀座・有楽町エリアで圧倒的なセンスと技術力。『持つ』まつげエクステ・眉毛エクステ専門店【eye:D(アイディー)銀座】

「まつ毛パーマ」って安全なの?まつエクと併用できる?まつ毛パーマの魅力&デメリットをご紹介します

逆さまつ毛でも、理想のカールを叶えてくれると人気のまつ毛パーマ。でも、まつ毛パーマをすると、まつエクサロンによっては、パーマから3か月経つまでエクの施術を断られることもあります。2択になってしまうんですね。

だからこそ、どちらを選ぶべきか迷ってしまいます。本記事では、まつ毛パーマの魅力&デメリット、そして気になるまつエクとの併用は可能なのかどうかについてご紹介します。

まつ毛パーマ?それともまつエク?まつ毛パーマはこんな人におススメです!

まつ毛パーマだからこそ出来ることもあります。まつ毛パーマはこんな人におススメです。

・もともとまつ毛に長さやボリュームがあって、まつ毛の量やボリュームには満足している。
・頑固な逆さまつ毛をカールさせたり、下がってくるまつ毛のカールをキープしたい。
・目元にボリュームは求めない、ナチュラルな印象の目元が欲しい。
・まつ毛のデザインは変わらなくて良いから、カールだけ長持ちさせたい。

まつ毛の量や長さがあって、カールの不満を解消したい方におススメと言えます。まつエクでは、エクステを地まつげに付けていくので、ボリューム感やまつ毛のデザインを楽しむことが出来ます。

ただし、地まつげがあまりに逆さ気味だと、時間が経つにつれて、エクステと地まつ毛が分離して不自然になることも。これは技術者の腕によりけりです。自然な目元が欲しいならばまつ毛パーマを。華やかな目元が欲しいならばまつエクを検討してみましょう。

まつ毛パーマのメリット

Untitled-1
まつ毛パーマを選択すると、実際にどんな仕上がりやメリットが待っているのでしょうか?まつ毛パーマのメリットを見ていきましょう。

◇メリット1:まつ毛パーマの仕上がりは「ビューラー式」、「ロッド式」で変えられる
まつ毛パーマの施術方法には2通り、ビューラー式とロッド式があります。それぞれの特徴や仕上がりを見ていきましょう。

ビューラー式

最新のまつ毛パーマ方法です。従来型と比べると、施術時間は30分と短く、薬剤は特許器具の(ビューラー)の上から使用するので、直接まぶたに付くことがありません。

トラブルが少なく安心して施術を受けられるのが嬉しいポイントです。ただし、従来型に比べるとあまり角度が付かないので、「お化粧が楽になる位のカール位が理想」という方でないと満足できないかも知れません。

ロッド式

S~Lサイズのロッドにまつ毛を巻き付けてカールを定着させる方法です。ロットを使い分けて緩やかなCカール、CカールよりもパッチリDカール、根元立ち上げカール、直角のようなLカールと、カールの種類を変えることができます。

施術時間は1時間と長く、目のギリギリのラインまで薬剤を付けるため、仕上がりや目へのダメージは施術者の実力に大きく左右されます。しっかりとしたカールを手に入れたい方であれば、満足できる仕上がりになることでしょう。

◇メリット2:まつエクに比べるとカールの持ちが良いからコスパが良い
1度の施術料金は、まつエク、まつ毛パーマどちらも5,000~8,000円以上で同じくらいです。まつ毛パーマでは1か月半は持つと言われています。まつエクの場合2~4週間がリペアの目安となりますから、コスパの良さではまつ毛パーマの方が優秀と言えるでしょう。

まつ毛パーマのデメリット

まつ毛パーマによる目への被害が報告されています。知らなかったでは手遅れになるかも?!まつ毛パーマのデメリットを見ていきましょう。

◇デメリット1:パーマ液を使用するまつ毛パーマは安全なのか?厚生労働省が指摘する危険性
まつ毛用のパーマ液と言いつつも、実際に成分を見てみたところ、頭皮用のパーマ液と有効成分がほぼ同じ…という驚愕の事実が判明しています。敏感な目元に、頭皮用のパーマ液を付けていると考えると、少し恐ろしいですよね。

さらに、『厚生労働省では「頭髪用パーマ液」のまつ毛への使用は、目的外使用として控えるよう指導している。また、「頭髪用パーマ液」と成分等がほぼ同じ「まつ毛パーマ液」で、薬事法上の承認を得ているものは、現在はない』とのこと。

「目に薬剤が入って黒目の膜が 4 分の 3 はがれた」、「目がかぶれた」などの被害が国民消費者センターに寄せられています。パーマ液の安全性を確認し、技術者に豊富な経験があるのかをチェックしてから施術を受けるようにしたいですね。
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20040903_1.pdf

◇デメリット2:まつエクを断られることがある
「まつエクとまつ毛パーマ、両方できると、最強なのに…」と思ってしまいますよね。現実には、少し難しいかも知れません。まつ毛パーマとまつエクのエクステでは、カール具合が違い、うまくなじみません。

さらに、まつ毛へのダメージが一時的に大きくなってしまうことから、まつ毛パーマがかかっている場合、施術をお断りするサロンが多いです。一般的にはパーマ後、3か月経過してからのまつエクが推奨されています。

まつげパーマをした後にまつエクは併用できるのか

答えは、パーマ後のまつ毛の状態、施術者の技術力や、サロンがどの位豊富にエクステの種類を揃えているかによります。サロンによっては、まつ毛パーマとまつエクを同時で施術可能なところもあるので、両方一気に叶えたい方はそうしたサロンを選ぶのも良いでしょう。

ですが、アイリストとしては、まつ毛へのダメージを考えて、最低でも1か月半をおいてからまつエクを考えて頂きたいと思います。また、パーマ後のまつ毛はとても弱っています。必ず美容液で毎日ケアをしてあげましょう。

最後にアイディー銀座より

まつ毛パーマの魅力やデメリットをご紹介させて頂きました。まつエクにするか、まつ毛パーマにするか決心はついたでしょうか?両方を一度に施術するのは、個人的にはまつ毛へのダメージが大きすぎたり、また接着面が安定しないこともあっておススメできません。

両方叶えたい方は、最低でも1か月半をおいてからまつエクを検討してみて下さい。(サロンによっては3か月経たないと断られるケースもあります)「まつげパーマの後にまつエクをしたいけど、他のサロンで断られてしまった…」。そんな方はぜひ一度、アイディーにお問合せください。

持ちやダメージを検討して、お客様にピッタリのまつエクプランや必要なケア方法をご紹介することも可能です!まつエクもまつ毛パーマも、上手に利用して、理想の目元を手に入れたいものですね。

アイディー銀座ネットショッピング  

この記事が気に入ったら
アイディー銀座にいいね!しよう

まつエクの最新情報をお届けします

Twitterでeye:D 銀座まつエクをフォローしよう!

関連記事

  1. 【まつエク】バラバラ&デザイン崩れの原因と対処法
  2. キレイな目の条件と作り方とは?
  3. 今すぐできる、目の左右非対称をカバー!お勧め方法をご紹介
  4. なりたい印象別に変えよう!まつエクの種類
  5. ここぞと言う時に抑えたい!男性好みのアイメイクをご紹介
  6. まつエクと併用するのも人気!「付けまつ毛」の種類&選び方
  7. まつげの毛周期を理解してまつエクを長期間キープ!
  8. まつエクがチクチク・ゴワゴワ・違和感がある!一体目元で何が起こっ…
PAGE TOP