銀座・有楽町エリアで圧倒的なセンスと技術力。『持つ』まつげエクステ・眉毛エクステ専門店【eye:D(アイディー)銀座】

ビタミンで小じわを防ぐ!若々しい目元をキープする、年代別『アイクリーム』の選び方!

基礎化粧品には力を入れていても、アイクリームはあまり気にしていないという方も多いのではないでしょうか。実はアイクリームはお顔全体の若さを保つためにも、是非とも「出来るだけ早い時期から」使用したいアイテムです。

20代からの使用のあるなしが、30代、40代になった時にシワ・たるみ等で悩まされるかどうかを決めるとさえ言われています。30代~50代になってから始めた、という方も遅すぎることはありません!少し割高とはなりますが、お悩みに特化した優秀なアイクリームも続々と登場しています。

とは、言いつつも、どのような基準で選べばよいのか、いつがはじめ時なのか今ひとつピンときませんよね。以下に詳しく見ていきましょう!

アイクリームの必要性

目元の皮膚の厚さは、通常の皮膚の1/3しかありません。絶え間ない瞬きや、アイメイクなどで刺激を受ける事の多いお目元は、非常に乾燥し易く、またダメージを受けやすい部位です。乾燥やダメージをそのままにすれば、小じわやくまの原因となりかねません。

そこで役立つのがアイクリーム。主な効果として謳われているのは『目元を保湿する事』です。セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸、レシチン、グリセリンなどの成分が主流の保湿成分となっています。しっかりと目元を潤し、小じわやたるみを予防・改善し、製品によっては美白効果や二重効果が見込めるとされています。

年代に合ったアイクリームが大切

「20代前半までは、この基礎化粧品でよかったのに、最近馴染まない」なんて経験をされた方も多いのではないでしょうか。アイクリームも同様、年代によって肌質が変わってきますので、求める効果や、肌馴染み易さが年代によって変化します。

例えば、20代、30代では疲れによる小じわやクマのケアで十分かも知れませんが、40代、50代になれば大きなシワやたるみをケアする必要があります。では、どのような基準でアイクリームを選べば、最適な1品に巡り合えるのでしょうか。以下に年代別、アイクリームを選ぶ際のポイントをご紹介させて頂きます。

年代別で分けたほうが吉、アイクリームの選び方

年代別、アイクリームの選び方

20代のアイクリームの選び方

「20代でアイクリームなんて早いのでは?特に問題もないし」という方。30代になった時に後悔するかも知れません。しっかりとアンチエイジング的にケアをする事で、30代になってもふっくらとハリのある目元をキープし易くなると言われています。

20代と言えば働き盛りの時期ですよね。疲労による「小じわ・たるみ・クマ」に悩まされている方は、気になる症状を改善してくれるアイクリームを使用してみましょう。特にお悩みはなく、何を選んで良いのか分からない方は、第一に保湿力に優れている品をチョイスしてみましょう。

30代のアイクリームの選び方

仕事では重要なポジションを任せられたり、プライベーでは育児・家事などもあるかも知れません。仕事と家庭を両立されている方ならば、一層疲れが溜まる年代ではないでしょうか。20代の頃には、あまり気にならなかった「小じわやたるみ」が気になりだしてくる時期でもあります。

30代では、しっかり保湿をして若々しい目元をキープし、さらに将来を見越したアンチエイジングを叶えるアイクリームをチョイスしてみましょう。ハリ・弾力が気になる方は、コラーゲンの生成を活発にする働きがあるとされる「ビタミンC誘導体」が配合されている品。

シワが気になる方は、保湿効果が高く、ターンオーバーを促進し、傷んだ細胞を修復、皮膚に厚みとハリを持たせる効果があるとされる「レチノール」が配合されている品などがお勧めです。ただしレチノールは医療現場で使用される程にデリケートで、敏感肌の場合肌荒れを起こす可能性もあるので気を付けたいところです。

「まぶたがたるんできた」と言った場合には、口コミなどを参考に、目元のハリを出すアイクリームをチョイスしてみましょう。本記事の最後に、お悩み別に効くとされる有効成分を記載していますので、そちらも是非、参照してみて下さいね。

40代のアイクリームの選び方

40代の見た目年齢を大きく左右するのが、目元と言われています。中には40代、50代でありながら、お肌年齢が20代や、見た目に30代に見える美魔女と呼ばれる女性達もいますが、そうした女性の多くは「保湿」に特に力を入れています。

目元の保湿ケアは40代になってもしっかりと行いたいものですね。問題は、年齢とともに「浸透力が低下する」という点です。だからこそ、成分が微小化されていたり、角質層までしっかり届く作りになっているアイクリームがお勧めです。

それに加えて商品選びの際には、たるみ・シワなどに特化した品が良いでしょう。保湿力がないと、数時間潤っても元の状態に戻ってしまうため、出来るだけ高い保湿力のある品をチョイスするのがポイントです。

お悩み別、有効成分をご紹介

パッケージに「シワ・たるみに有効」などと記載されていれば分かり易いですが、それでもAとB の商品に同じような内容が書いてあれば、迷ってしまいますよね。そんな時には、是非、以下の成分一覧を役立てて、より「自分のお悩みにより効果的な成分を含むアイクリーム」を選んでみて下さいね。

保湿効果があるとされる成分はこちら!

ヒアルロン酸
セラミド
コラーゲン
エラスチン
リコピン
コエンザイムQ10
アミノ酸
グリセリン

シワに効果があるとされる成分はこちら!

レチノール
レチニールエステル(ビタミンA誘導体)
アルジルリン
シンエイク
ペプチド
ビタミンC誘導体
ナイアシン(ビタミンB3)

たるみが気になる・ハリに効果があるとされる成分はこちら!

レチノール
グリセリン
コンドロイチン硫酸
プロピレングリコール
ブチレングリコール
ソルビット
プラセンターエキス
アスタキサンチン
コラーゲン
リコピン
コエンザイムQ10
アミノ酸
ナイアシン(ビタミンB3)

※代表的な成分をご紹介させて頂きました。シワとたるみなど、両方に効果的とされる成分もあり、重複して記載した成分もあります。

最後にeye:Dアイディー銀座より

いかがでしたでしょうか。種類がありすぎて迷ってしまう、アイクリームの選び方を年代別にご紹介させて頂きました。どの年代にも共通して大切なポイントは「保湿成分」です。皮膚が薄く特に乾燥しがちな目元だからこそ、保湿力はアイクリーム選びの絶対条件となります。

保湿力にプラスして、お悩みや、肌の質(浸透力など)に着目したクリーム選びをしてみてくださいね。この記事が、皆さまの素敵な目元演出のお役に立てたならば幸いです。

この記事が気に入ったら
アイディー銀座にいいね!しよう

まつエクの最新情報をお届けします

Twitterでeye:D 銀座まつエクをフォローしよう!

関連記事

  1. 大切なまつ毛を傷めないために…ビューラーの選び方&使い方
  2. 下まつ毛には「まつエク」それとも「付けまつ毛」?徹底比較します!…
  3. 花粉症でもストレスフリーなまつげエクステのススメ:サロン編
  4. そのケア間違っているかも?絶対にやってはいけないNG目元ケアをご…
  5. まつエク本数によって印象が違う! 貴方におススメの本数は?
  6. ビミョーな感じを何とかしたい!まつエクが取れかけている時の対処・…
  7. マツエクを長持ちさせてキレイに見せるお手入れ方法
  8. アイシャドウ=オシャレ目的ではなかった!?アイシャドウ・アイメイ…

アーカイブ

PAGE TOP