銀座・有楽町エリアで圧倒的なセンスと技術力。『持つ』まつげエクステ・眉毛エクステ専門店【eye:D(アイディー)銀座】

まつエクコラム

  1. まつエクサロンの値段差のなぞ…高い・安いまつエクの違いとは?

    お客様とお話をしていると、「なんてまつエクサロンって、こんなに価格差があるのかしら」なんて疑問をお伺いすることも多いです。まつエクリピーターとしては、値段が安い方が続けやすく魅力的というのが本音ですよね。ただ、安いとなんだか裏がありそうで不安でもあります。本記事では、まつエクサロンの高い・安いといっ…

    記事を読む
  2. 下まつ毛には「まつエク」それとも「付けまつ毛」?徹底比較します!

    下まつ毛は、上まつ毛ほど注目されていません。ですが、下まつ毛を上手に使いこなせば、小顔・童顔効果、彫を深く見せる効果etc...可愛く、キレイになりたい女性の頼もしい味方になってくれるんですよ。下まつ毛を簡単にボリュームアップさせる方法と言えば、付けまつ毛orまつエクです。本記事では、キレイな下まつ…

    記事を読む
  3. 長くて綺麗なまつ毛の敵!「ブルーライト」対策をしよう

    パソコン、スマホ、テレビ、どれも私達の生活に欠かせないものですよね。これら3つに共通することとは何でしょうか…?ご存知の方も多い、ブルーライトです。ブルーライトを不必要に浴びると、目に悪影響を与えることは有名ですが、まつ毛にも影響を与えてしまうのをご存知でしょうか?お手入れをしても思う様にきれいなま…

    記事を読む
  4. 母の日はもうすぐそこ!お母さんの誕生日にも「まつエク」をプレゼントしてみませんか?

    2017年の母の日は5月14日。もうプレゼントは決まりましたか?いつも忙しくて自分の美容に時間をかけていられないお母さん。だからこそ、「いつまでもキレイで、元気でいてね」と思いを込めて、まつエクをプレゼントしてみてはいかがしょうか?まつエクは若い子だけのものではありません。40、50、60代…

    記事を読む
  5. まつエクが難しい逆さまつ毛…まつ毛パーマ&まつエクコンビで可愛さ・目ヂカラアップを目指す方法

    目にまつ毛が刺さってしまう位、重度の逆さまつ毛では、まつエクの施術を断られてしまったり、デザインが制限されてしまうこともあります。「それでもまつエクを楽しみたい!」そんな方にご紹介したいのが、まつ毛パーマ×まつエクのコンビです。本記事では、まつ毛パーマ×まつエクコンビを考えているかた必読!成功の秘訣…

    記事を読む
  6. まつエクユーザーは気を付けたい!その症状まつ毛ダニかも?まつ毛ダニの予防・対策方法

    ご存知でしょうか?実は、95%以上の現代人に「顔ダニ」が生息していると言われています。中でも、まつエクユーザーや、アイメイクが好きな方に注意して欲しいのが、まつ毛に住みつく「まつ毛ダニ」です。どんな症状を引き起こすのか、予防・対策方法はないのかなど、気になる情報をお届けします。まつ毛ダニって…

    記事を読む
  7. アートメイクでアイラインVSまつエクでアイライン 選ぶべきはどっち?

    アイラインを入れるだけで、目元の輪郭がはっきりして一気に「メイクをした感」がでます。目ヂカラもばっちりです!ただ、アイラインを引くのが苦手という方や、アイラインが滲んで嫌だというお悩みを抱える方も多い模様…。そこで注目されているのが、「アートメイク」と「まつエク」です。本記事では、アートメイク・まつ…

    記事を読む
  8. まつエクが始めて・失敗続き…アイリストが伝授します!まつエクで失敗しないための4ポイント

    まつエクでドッキリ散々な体験をしたことはありませんか?ちなみに私の場合、「ナチュラルでお願いしたのに、目を開けてみたらメーテルみたいになってた!」なんてこともありました。失敗するとオフするにもお金がかかるし、泣きたい気持ちになりますよね。本記事では、沢山の例を見て来た私達だからこそお届けできる、まつ…

    記事を読む
  9. お風呂大好きな貴方に!まつエク中の入浴・お風呂・洗顔のポイント

    疲れた体を癒す、至極のバスタイム。誰もが大好きなひと時ですよね。ただ…まつエクは水分や湿気に弱い性質を持ちます。せっかくのバスタイムが、まつエクの持ちを考えるあまり不安な時間になっては残念過ぎです。本記事では、まつエクとお風呂を両方楽しむためのポイントをご紹介します!洗顔・入浴は施術から6時…

    記事を読む
  10. まつエク本数によって印象が違う! 貴方におススメの本数は?

    まつエクの印象を左右するからこそ、ちゃんと考えたいエクステの本数。何本にすれば、自分のイメージしているまつエクになるのか、気になりますよね。本記事では、本数ごとの完成イメージについてご紹介します。ナチュラル系が好みの方に 両目で60~80本まで普段のメイクでアイラインを引かず、アイシャド…

    記事を読む
PAGE TOP