銀座・有楽町エリアで圧倒的なセンスと技術力。『持つ』まつげエクステ・眉毛エクステ専門店【eye:D(アイディー)銀座】

まつエクコラム

  1. 【まつエク】バラバラ&デザイン崩れの原因と対処法

    まつエクが、部分的にぬけたり、取れたり、色んな方向を向いてバラついている。デザインが崩れてしまった…。こんな時には憂鬱になりますよね。本記事ではまつエクがバラバラになる・デザイン崩れの原因と、応急処置をご紹介します。技術に自信のあるサロンでは、時間がたってもキレイなまつエクが常識!丁寧な…

    記事を読む
  2. 貴方も仲間入りしてみない?長いまつ毛を手に入れる方法

    まつ毛が長いと色んなメリットを得られます。中でも「可愛く見える」というのが最大の魅力ではないでしょうか。伏し目にした時、目をゆっくりと閉じた時なんかに思わず同性でも見惚れてしまいます。日本人で長いまつ毛の人ってどのくらいいるの?長いまつ毛と言われる基準値と、長いまつ毛を手に入れる方法をご紹介します。…

    記事を読む
  3. 【まつ毛のクセ】を直すことは出来る?原因と直しかた

    まつ毛にも髪の毛と同様にクセがあります。クセがあると、ビューラーで思うようにカールしてくれなかったり、せっかくのまつエクをしても持ちが悪くなってしまったりと、悩み物ですよね。本記事では、まつ毛にクセが付く原因と、クセの直しかたについてご紹介します。まつ毛のクセの原因は?まつ毛が斜めに…

    記事を読む
  4. まつエクの上手いアイリストの見分け方をご紹介します!

    まつエク1回にかけるお金は、1万円前後と、決して安いものではありません。できることならば、この人だ!と思える、技術力に優れたいわゆる上手いアイリストに施術して欲しいものですよね。まつエクの上手い・下手はご自身で見きわめて頂く事が可能です。ここでは、上手なアイリストの見分け方をご紹介します!上…

    記事を読む
  5. まつエク中に寝てしまう…いびきとかは気になるの?アイリストが正直に答えます!

    まつエクの施術時間は長く、できるだけじっとしているだけなので、どうしても眠くなってきてしまいます。まつエク中に眠ってもよいのかどうか、気になっている方も多いようですね。そこで、本記事では、まつエク中に眠ってしまうのはOKなの?アイリストはどう思っているの?まつエク中に眠くなるのは私だけ?など…

    記事を読む
  6. 【ちゃんと種類を選べてる?】なりたい目元に合わせて選ぼう!まつエクの種類・タイプ~まとめ編~

    まつエクと一言にいっても、シングルラッシュ、ボリュームラッシュ、Yラッシュetc...と色んな種類があります。「まつエクサロンに沢山のメニューが用意されているけど、違いがよく分からない」なんてことも多いですよね。まつエクのタイプを変えるだけで、自まつげへのダメージ・負担、さらに目元の印象まで…

    記事を読む
  7. 整形なしで簡単に「目を大きくする方法」まとめ編!

    外国人のような大きく、クリっとした目に憧れる女性も多いのではないでしょうか?「可愛らしい印象の大きな目を手に入れたい!」「化粧映えする目元が欲しい!」そんな方にこそ読んで欲しい、「目を大きくする方法」をご紹介します。整形なしで手軽に実践できる内容ばかりなので、ぜひ、取り入れてみてくださいね。…

    記事を読む
  8. まつ毛が「真ん中・片目だけ」部分的にごっそり抜ける!その原因と対策

    まつ毛がごっそりと、それも部分的に抜けてしまうと、空白部分ができて化粧映えしないし、憂鬱ですよね。「真ん中だけ」「片目だけ」「目頭だけ」など、まつ毛が抜けやすい箇所には個人差があります。本記事では、部分的にまつ毛がごっそりと抜ける原因と、対策をみていくことにしましょう。ビューラーが原因のまつ…

    記事を読む
  9. 「まつ毛育毛剤」は使うべき?副作用はある?美容液との違いを徹底解説します!

    自まつげを成長させる「まつ育」のために、まつ毛育毛剤・美容液の使用を検討する人が増えています。適当に選んでは後悔することになるかも…。まつ毛育毛剤と美容液は混同されがちなのですが、実は働き方が違います。本記事では、まつ毛育毛剤と美容液の違いや、育毛剤の気になる副作用、注意点についてみていくことにしま…

    記事を読む
  10. 奥二重さんに似合うまつエクデザイン&デザイの選び方のコツ

    二重の幅が狭く、部分的に瞼にまつ毛が埋もれてしまっている目の形状の「奥二重」さん。奥二重でも二重の幅が広めで、瞼の厚みが薄いとパッチリとした印象になりますが、瞼が重く二重幅が狭いとパッと見た感じは一重にみえることもあります。「一重ではなく、二重でもない…どっちつかずの奥二重だからこそ、メイク…

    記事を読む

アーカイブ

PAGE TOP