銀座・有楽町エリアで圧倒的なセンスと技術力。『持つ』まつげエクステ・眉毛エクステ専門店【eye:D(アイディー)銀座】

目の下のふくらみの原因と解消方法

目の下のふくらみと言えば、可愛らしい「涙袋」が代表的ですよね。これが、1文字変わって「目袋」となると話は別。老化の象徴と見なされています。目袋は、主に30代~気になりだすと言われていますが、最近では生活習慣の傾向が変わりつつあり、若い20代の方であっても気になる方がいるようです。

じつはこの目袋、日々のちょっとした努力で改善&予防が叶います。今からでも遅すぎることはありません!目袋の原因と解消方法を見ていきましょう。

目袋ができる原因&解消方法①年齢による眼輪筋の衰え

そもそも、なぜ、目の下にお肉が出っ張ったような膨らみ=目袋が生じてしまうのでしょうか。このふくらみの正体は、「眼下脂肪」というものです。眼下脂肪は眼球を支えるクッションのような役割をしているのですが、加齢によって、眼球を支えているLookwood靭帯、眼窩隔膜、眼輪筋などが緩み、支えきれなくなって眼球が下がります。

すると、このクッションである脂肪が前に押し出されて、ふくらみとなって現れてくるという訳なんです。
ふくらはぎや腕などのパーツであれば日常的に動かしますが、目の周りの筋肉を動かすことはあまりありませんよね。

何もしなければ、どんどん目周りの筋力低下→目袋に発展してしまいます。以下のようなエクササイズで、眼輪筋をしっかり鍛えて行きましょう。

エクササイズ①
1 :まずは姿勢を正します。両肩を後ろに引いて肩甲骨を下げ、おなかをへこまして、お尻を引きしめましょう。
2: 人差し指をアイホールの骨の際にそっと置きます。
3:口を「オー」を発音するときの形にする。
4:鼻の下を前歯にくっつけるようにして目を閉じたまま、黒目を頭の後ろの方に送る気持ちで白目をむきます。(目を閉じたまま)
5:目を開けて、白目の状態のまま、60秒数える間に上まぶただけを使ってまばたきをします。

エクササイズ②
1 :まずは姿勢を正します。両肩を後ろに引いて肩甲骨を下げ、おなかをへこまして、お尻を引きしめましょう。
2:中指を目頭において、人差し指を目尻に置きます。
3:「オー」の口を作って、鼻の下を上の歯に押し付けるようにします。
4:下まぶただけを思いきり縮めて、まぶしい目を作って頬を押し上げるように笑顔を作ります。
5:そのまま目を上に向けて、30秒キープします。

エクササイズ③
1:人差し指を眉毛に沿って、眉毛の上に置きます
2:目を閉じたまま、眉毛だけの力で眉を上にグッと上げます。
3:眉毛が動かないよう、人差し指でしっかりと押さえつけましょう。
4:10秒ほどキープします。

目袋ができる原因&解消方法②生活習慣による眼輪筋の衰え

目袋ができる原因&解消方法②生活習慣による眼輪筋の衰え

例えば、PCやスマホを長時間使用するかたは要注意です。瞬きの回数がへってしまい、通常でもあまり使わない目元の筋肉がさらに使われない状態に。また眼輪筋は笑った時にも使用されるのですが、仕事柄、パソコンとにらめっこで無表情が続くという方もおおいのではないでしょうか。

こうした生活習慣が続くことで、目袋が若くても気になる方が増えてきているようです。とは言いつつも、こうした生活を変えられない方も多いはず。そんな時には、パソコン仕事で目を酷使するならば、30分間隔で目の休憩&上記エクササイズを取り入れるなどの工夫で、積極的に目の周りの筋肉を使用しましょう。

目袋が出来る原因&解消方法③肌弾力・潤いの低下

加齢や、極度の乾燥肌、紫外線などの強いダメージによってお肌の新陳代謝=ターンオーバーが乱れたり、お肌細胞が減少すると、ターンオーバーの過程で生じる保湿成分(セラミド)や、お肌の弾力成分(コラーゲン、エラスチンなど)が不足してしまいます。

結果、目の下がたるみやすくなり、目袋の原因の1つになってしまうんです。目元のたるみを解消・予防するならば、保湿&弾力対策が必須となります。保湿に関しては、お肌の表面、角質層で保湿の80%を担うセラミドを化粧水でお肌に潤いを与える→乳液・美容液などでフタをして有効成分の蒸発を防ぐ方法が一般的です。

お肌弾力に関しては、真皮に存在するコラーゲン、エラスチンの量が不足しないようにすることがポイントとなります。真皮力を高めるには、以下の2パターンが主です。

① 化粧品やサプリメントでコラーゲン・エラスチンなどの弾力成分の不足を補う
ビタミンC誘導体、レチノール入りのアイクリームなどは、お肌の調子を整えるお助け成分として知られています。こうした成分を含む品をチョイスしてみて下さい。

② プラセンタや現在話題となっている幹細胞コスメなどで、コラーゲン・エラスチンを生成する「線維芽細胞」そのものを活性化させる
プラセンタや幹細胞コスメには、他の美容成分にはない「成長因子」が含まれます。成長因子には、細胞代謝を促す働きがあるとされています。

目元にハリ・潤いをもたらすことで、目袋の改善、解消を目指して行きましょう。

最後にeye:Dアイディー銀座より

遺伝的な理由で、もとから眼輪筋周りの脂肪が多い方は、目袋になりやすいと言われています。「目袋の目立つ家系かも?!」そう思われた方は、予防として今回のご紹介した方法をぜひ、実践してみて下さい。もちろん、目袋でお悩みの方にも効果的な方法なので、日々のちょっとした努力と工夫で、老化を感じさせない若々しい目元を目指してみて下さいね。

この記事が気に入ったら
アイディー銀座にいいね!しよう

まつエクの最新情報をお届けします

Twitterでeye:D 銀座まつエクをフォローしよう!

関連記事

  1. 花粉症でもストレスフリーなまつげエクステのススメ:お家編
  2. まつ毛が生えて来ない…毛根が死んでしまったの?原因と対処法
  3. まつげエクステの正しいクレンジング方法
  4. 「目元のたるみ」をメイクで解消!たるみが消えるメイク術について
  5. 下まつ毛には「まつエク」それとも「付けまつ毛」?徹底比較します!…
  6. まるで別人?!メリット満載の『下まつ毛マツエク』が大人気な理由
  7. 初めてのまつエク!押さえておきたい基礎知識や注意点
  8. 今すぐできる、目の左右非対称をカバー!お勧め方法をご紹介

アーカイブ

PAGE TOP