銀座・有楽町エリアで圧倒的なセンスと技術力。『持つ』まつげエクステ・眉毛エクステ専門店【eye:D(アイディー)銀座】

2017 年のトレンドになること間違いなし!3D・4Dまつエクはこんな方におすすめです

海外セレブのまつ毛がフサフサなのはなぜ…と思ったことはありませんか?実は、多くのセレブ達が、従来のまつエクではなく「3D・4Dまつエク」を愛用しています。日本でも導入され始めましたが、特殊な技術が必要とされ、導入サロンは今後伸びていくと考えられています。今回は、まつエクの常識を覆すような、注目の3D・4Dまつエクのメリットをご紹介させて頂きます。

3D・4Dまつエクって何?

今までのまつエクでは、まつ毛1本につき、1本のエクステを付ける方法が主流でした。新たな、3D・4Dまつエクでは、まつ毛1本につき、0.05~0.07㎜の極細毛を扇型に広げて、2~5本の束にして付けていきます。

本数によって、2D~5Dと呼ばれています。「地まつ毛に負担になるんじゃ…」と心配ですが、従来のエクステは0.15㎜。なので3~4本の3D・4Dまつエクにしても太さや負担は従来品の半分以下に抑えられます。

自まつ毛に優しい、より自然でボリューミーなまつエクを叶えてくれる新技術なんです。

3D・4Dまつエクはこんな人におすすめ

3D・4Dまつエクは、以下の様な悩みや希望をお持ちの方におすすめです。

まつエクの持ちをもっと良くしたい方

ファン(3~5本)にグルーが付くので、より強固にまつ毛に密着してくれます。さらに、地まつ毛と同じか、それ以下の太さ・負担の極細エクステとなっているので、地まつ毛への負担が減り、まつ毛が抜けたり、重さでエクステが下がって来るなどのまつエクの持ちに関するお悩みをきっと解消してくれることでしょう。

まつ毛の本数が少ない・細くても、まつエクデザインを最大限楽しみたい方

従来のまつエクでは、地まつ毛が50本であれば、最大50本しかつけられません。さらに、地まつ毛が細いと、まつ毛への負担を考えて、どうしても太さ・長さ・ボリュームのあるエクステを選べないという状況にありました。

ですが、3D・4Dまつエクであれば、太さや重さが軽減されているため、1本のまつ毛に数本のエクステを装着できます。合計して、200本~600本など驚きの本数を付けられるんです。地まつ毛の本数の少なさや細さを原因に、デザインを諦める必要はもうありません。

フサフサまつ毛で自然なボリュームアップを目指したい方

まつエクのデザインは大まかに2通りに分けられます。1つ目は、まつエクが分からない位に自然な仕上がりになるデザイン。2つ目は、マスカラを2重、3重にぬった時のようなゴージャスさボリューミーを重視したデザインです。3D・4D まつエクでは、どちらのデザインも自在に叶えてくれます。

まつ毛同士の隙間がきになる方

従来のまつエクは、地まつ毛が無いところにエクステは付けられません。3D・4Dまつエクも同じではありますが、先が3~5本と枝分かれしているため、例えば、空白部分が目立たない箇所では2D や3D、空間が気になる箇所には5D のエクステを装着するなどして、空白部分を目立たなくカモフラージュすることが出来るようになりました。

アイライン効果を高めたい方

根元にエクステの束が集中するため、アイライン効果が従来よりも高まります。本数にもよりますが、多くの場合アイラインの必要がなくなるので、アイメイクやメイク落としの手間が省けるのみならず、目元をいじる機会が少なくなるので、まつエクの持ちも良くなります。

付けている感・違和感を無くしたい方

3D・4Dまつエクの魅力は、なんといっても地まつげへの負担が少ないことです。例えば、3Dまつエクを8本つけると、通常の1本分と同じ負担がかかると言われています。つまり、3Dまつエク1本を付けた場合、従来まつエクの1/3位の負担にしかならないということです。重さをほとんど感じないため、付けている感覚がほとんどなく、快適に過ごせます。

3D・4Dまつエクのおススメ本数はどの位?


「3D・4Dまつエクだと、あまりにボリューミーになってしまうのでは」と心配される方も多いようです。アドバイスをさせて頂くならば、今までシングルエクステ100~120本程度をつけていた方であれば300本。

120~140本程度をつけていた方は400本~500本にして頂くと、繊細さとフサフサ感を足したようなまつエクが叶います。ボリュームを重視するのであれば、600本を選んでも良いでしょう。

3D・4Dまつエクを取り入れるサロンが少ない理由

3D・4Dまつエクでは、極細エクステがずらりと並んだシートから、2~5本のエクステを取り、全体のデザインを考えた上で扇状に広げて、まつ毛に装着するという手順で施術を進めます。

こうして文章にするととても簡単そうに思えてしまいますが、0.05mmにも満たないエクステを均等に、デザインを考えた上で取り広げるには、かなりの技術が必要とされます。

お客様に提供できるレベルの技術に達するまでには、専門の訓練が必要とされるため、未だ導入できるサロンが少ないというのが現状です。

最後にアイディー銀座より

大注目の3D・4Dまつエクをご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?まだ導入サロンが少なく、お値段も高めではありますが、持ちやデザイン性、付け心地に優れているため1度は試して頂きたい新技術です。

アイディーでも現在、導入に向けて準備を進めております。3Dまつエクを新メニューとして取り入れる際には、ぜひ、当店をご愛顧頂ければ幸いです。

この記事が気に入ったら
アイディー銀座にいいね!しよう

まつエクの最新情報をお届けします

Twitterでeye:D 銀座まつエクをフォローしよう!

関連記事

  1. サロン選びで危険は回避できる?!マツエクの危険性パート3
  2. 妊婦さん、新米ママさんのお悩み…まつ毛が抜けて目元が寂しい!一体…
  3. ビタミンで小じわを防ぐ!若々しい目元をキープする、年代別『アイク…
  4. 優秀なのはどっち?!付けまつげvsまつげエクステ
  5. リペアでまつげエクステをキレイに保つ?リペアってどんなもの
  6. 華奢な自まつげでも大丈夫!エクステにも負けない丈夫なまつげを作る…
  7. 下まつエクでデカ目が目指せる!嬉しい効果とおススメデザイン
  8. レーシック体験者のアイリストが教えます!レーシックとまつエクに関…

アーカイブ

PAGE TOP