銀座・有楽町エリアで圧倒的なセンスと技術力。『持つ』まつげエクステ・眉毛エクステ専門店【eye:D(アイディー)銀座】

目元の乾燥が気になる…そんな時こそコンシーラーを見直そう!

女性にとって、コンシーラーは欠かせないコスメの1つですよね。クマやシミを隠すのに、特に年を重ねるにつれてファンデーションだけでは不十分に感じてくるものです。乾燥の冬ももうすぐやってきます。冬場は、目元の乾燥が気になるという方も多いのではないでしょうか。

実は、目元の乾燥を助長する理由の1つに、合っていないコンシーラーの使用が挙げられます。今回は、目元の乾燥が気になる方にこそ知って頂きたい!コンシーラーの選び方をご紹介したいと思います。

下まぶたの乾燥トラブルを解消したい!コンシーラーの前に見直したい事とは?

・下まぶたの皮がむけてくる
・ベースメイクとコンシーラーの境目が分かる位に不自然
・目元が乾燥して、アイラインが上手く引けない
・目元がしょぼしょぼした感じになっている

上記のような状態が続いているかたは、コンシーラーだけで何とかしようとしてもかえって乾燥を進めてしまったり、最悪の場合炎症を起こして赤くなってしまいます。メイク前に、しっかりと保湿をして、ベースを整えてあげましょう。

オススメは、「セラミド」が含まれた基礎化粧品で目元をしっかり潤してあげることです。セラミドは角質層の保湿(お肌の表面)の80%を占めるので、乾燥肌に有効な成分の代表と考えられています。

敏感肌・乾燥肌用の基礎化粧品、ディセンシア アヤナス、ディセンシア つつむ、小林製薬 ヒフミドなどであれば安心して使用できそうです。さらに、アイクリームを使用して、お化粧前のベースをしっかり整えてあげましょう。

目元の乾燥が気になるならば○○○○タイプのコンシーラーが一押し

目元の乾燥が気になるならば○○○○タイプのコンシーラーが一押し

コンシーラーには、スティック、クリーム、リキッドタイプの3種がありますが、乾燥肌さんにお勧めなのは、クリームか、リキッドタイプのコンシーラーです。両者とも油分と水分を多く含むので、保湿効果も期待できます。

反対に、スティックタイプのものだと油分も上記のタイプと比べると少ない傾向にあり、テクスチャーが硬く、こすり過ぎてしまい、お肌にダメージを与える可能性があります。こうした理由から、目元の乾燥が気になる方は、クリーム、またはリキッドタイプで、さらに保湿成分に富んだ品をおススメします。

保湿成分の具体例を挙げると、コラーゲン、セラミド、グリセリン、スクワラン、レシチン等です。配合量の多さに応じて順番に表示がされているので、成分表示を確認し、保湿成分がどのくらい入っているのか確認してみましょう。保湿力に定評のある、おすすめコンシーラーはこちら!

・イヴサンローラン /ラディアント タッチ
YSLを代表するコスメです。隠したい部分を光で反射させて隠してくれる、特に黒クマでお悩みの方に一押しの商品です。

・ランコム タン ミラク タッチ
肌を鎮める<ローズエキス>を配合、保湿力は18時間も続くと言われています。

・RMK /スーパーベーシック リクイドコンシーラー N
湿効果の高いヒアルロン酸、アボカドオイルなどを配合。

・NARS /ラディアントクリーミーコンシーラー
天然由来の保湿成分を配合。

コンシーラーの色の選び方は?

ファンデーションでは、夕方のくすみ予防ために、「ワントーン明るい色」が推奨されていますよね。コンシーラーも同じように1トーン明るい色、又はファンデーションよりも明るい色で選ぶと、失敗してしまいます。

コンシーラーの場合、「ファンデーションよりやや暗め」のほうが肌馴染みよく、上手に目立たなくカバーしてくれるんです。今までしっくりこなかったという方は、もしかしたら色の選び方を間違っていたのかも知れません。「少し暗め」を前提に、クマ、シミのタイプに合わせた色合いを見ていきましょう。

・青クマ
赤っぽいオレンジ系ORピーチベージュ。

・茶クマ
イエロー系OR優しいピンクベージュ系。

・黒クマ
ハイライト効果が期待できるような、コンシーラー(イヴ・サンローラン・ボーテ ラディアント タッチ2番など)。黒クマは例外で、コンシーラーの色は少し明る目が良いとされています。

・シミ
ファンデーションよりも一段暗い色を選んでみましょう。気になるシミと同じ位の色合いでも良いです。

どうしても目元の乾燥が気になる時の裏技

「時間が経つとシワっぽくなったり、浮いてきて余計に目立つ」言った場合には、コンシーラーにアイクリームを混ぜ合わせる方法がおススメです。1:1の割合で手の甲に乗せて、しっかりと混ぜ合わせてからお肌に乗せて行きます。

馴染ませずに直接ぬると、不自然な仕上がりになってしまうので、このひと手間を抜かないようにしてみて下さいね。コンシーラー美容液は、一度に付け過ぎないようにしましょう。必ず少量をポンポンと乗せていきます。

広がってしまうようであれば、少し時間をおいてから手またはスポンジで馴染ませていきます。

最後にeye:Dにアイディー銀座より

乾燥の気になる冬、目元乾燥に悩まされる方も多いようです。コンシーラーやファンデーションで隠そうと塗り込むほどに乾燥が目立ってしまうので、まずは保湿でベースをしっかりと整え、その上で保湿力のあるコンシーラーを使用することがポイントとなります。

今年の冬は、適切なコンシーラーを使用して、夕方には目元がガサガサ…なんてことのない、24時間ウルウル&フレッシュな目元をキープしちゃいましょう!

アイディー銀座ネットショッピング  

この記事が気に入ったら
アイディー銀座にいいね!しよう

まつエクの最新情報をお届けします

Twitterでeye:D 銀座まつエクをフォローしよう!

関連記事

  1. 根元が白い!?汚いまつエクの原因&対処法
  2. まつエク中でもアイラインを外したくない方必見!アイラインの使い方…
  3. まつエク中の持ちをグッと良くしたい!クレンジングの選び方&おスス…
  4. この冬必須!アンチエイジング&乾燥対策に役立てたい「アイシート」…
  5. いち早く抑えたい!2016 秋・冬のトレンドアイメイク
  6. 目が綺麗な人の特徴とは!?キラキラ目の目指し方
  7. まつエク本数によって印象が違う! 貴方におススメの本数は?
  8. 大切なまつ毛を傷めないために…ビューラーの選び方&使い方
PAGE TOP